Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任中の生活

駐在妻が働く方法まとめ|海外赴任中の駐妻が出来る仕事とは

更新日:

夫の海外赴任が決まった時に、自分も海外で働きたいと考える駐在妻の方がいます。

ただ、駐在妻が海外現地で働く場合、ビザの問題、夫の会社への確認、現地での就職活動など、確認する事は多くあるので諦めてしまう人もいます。

しかし、正しいやり方で手続きを進めることで、夫の海外赴任先で働く夢を実現させた駐在妻もいます。

そこで、この記事では、夫の海外赴任先で駐在妻が働く方法について、詳しくお伝えしたいと思います。

夫の海外赴任先で働きたいと考えている方は参考にして下さいね。

 

【参考記事】本帰国後の仕事については、他の記事で紹介しています。

【参考記事】クラウドソーシングの仕事については、他の記事で紹介しています。

駐在妻が働く方法|仕事探し前には会社確認を

駐在妻が働く方法を探す前に夫の会社に確認を

駐在妻が海外赴任先で働きたいと考えた時には、夫の会社に、海外で働くことに問題はないか確認する必要があります。

あなたが夫の会社に確認する必要がある理由は、こちらです。

  • 家族帯同ビザではなく、就労ビザを取得する必要がある
  • 夫の会社が、帯同家族への滞在手当や海外での保険料を支払っている
  • 駐在妻の海外就労は認めない会社もある

家族帯同から就労ビザに切り替える必要がある

あなたが駐在妻として海外に行く場合、夫の会社に家族帯同ビザの手配をお願いすることになります。

多くの場合、ビザの取得費用は、会社負担になるでしょう。

しかし、あなたが海外で働く場合は、取得した家族帯同ビザを就労ビザに変更することになります。

ここで、何も言わずに変更手続きをしてしまうと、会社とトラブルになる場合もあります。

そのため夫の会社から、ビザの内容を変更する許可をもらうことも大切です。

なお、家族帯同ビザで就労した場合は、罰金または強制帰国させられる場合もあるで、気を付けて下さいね。

なお、就労ビザを発行する場合は、基本的には内定先の会社に手配してもらうことになりますが、場合によっては自己手配の可能性もありますので理解しておきましょう。

夫の会社が滞在手当や保険料を支払いしている

海外赴任時に、夫の会社が帯同家族に対して、海外赴任手当や海外旅行保険を手配してくれる場合があります。

それは、駐在員夫の扶養家族ということが、前提になります。

ただ、あなたが海外で働く場合には扶養家族と認められず、家族手当や保険料を受け取れない可能性が出てきます。

その代わり、あなたが就職した先で、海外保険に加入してもらえる可能性もあります。

夫の会社からの海外保険や手当の内容についても確認しながら、海外で働くか決めるのも1つの方法ですよ。

駐在妻の海外就労を認めない会社もある

夫の会社によっては、駐在妻の海外就労は認めないとルールを設定していることがあります。

会社のルールで決まっている場合もあれば、安全上の理由で控えて欲しい、としているところもあります。

そのため、必ず夫の会社に、駐在妻が海外で就労することに問題がないかを確認してくださいね。

また、子供がいる場合は、働いている間の子供の面倒は誰が見るかを考える必要もあります。

ベビーシッターを雇う方法もありますが、信頼できる人が見つかるまで時間がかかることもあるので、事前に調べておくことが大切です。

駐在妻が働く方法|仕事するまでの流れ

駐在妻が働く方法と流れは意外とシンプル

夫の会社に海外で就労することを認めてもらった場合は、いよいよ就職活動をスタートすることになります。

海外で働くまでの流れとしては、このような流れになります。

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 企業の選考を受けて内定をもらう
  3. 就労ビザを発行してもらう
  4. 海外での保険に加入する

駐在妻が働く就職先を探す選択肢を知る

海外で働く就職先を見つける上では、このような選択肢があります。

  • 転職エージェントに登録する
  • 海外現地の転職サイトにアクセスする
  • 海外の就職掲示板を見る
  • 海外の日本人向け情報誌をチェックする
  • 直接企業に問い合わせをする

 

おすすめは、企業との連携を日本語でサポートして仲介してくれるリクルートエージェントなどの人材紹介会社を利用することです。

あなたが個人的に企業を探して応募する場合、選考結果の通知やビザ手配などが遅いことがあります。

しかし、転職エージェントを通して就職活動をする場合は、企業への進捗管理や連絡の催促をしてくれるので、スムーズに選考が進んだり、内定までの手続きを進めやすいと言えます。



リクルートキャリア

企業の選考を受けて企業から内定をもらう

あなたが働く場合は、海外現地での採用携帯が、現地採用になることが多いでしょう。

駐在員と現地採用では、雇用元が違うため、給与や保険などの待遇に差があります。

しかし、日本語が話せる人を必要としていたり、日本的なサービスを提供したいと考えている企業がある地域では、駐在妻の現地採用の確率は高くなりす。

給与や待遇に関しては、交渉で変更してもらえる可能性もあります。

この場合も、転職エージェントを利用していれば、代わりに交渉してもらうことが可能です。

海外でも、日本の転職エージェントは無料で利用可能なので、ぜひ利用してみて下さいね。

海外赴任先での就労ビザを発行

海外現地の企業に内定をもらった場合は、雇用条件確認後に、就労ビザの手続きをしてもらうことになります。

多くの場合は雇用元の企業が手配してくれることになります。

しかし、就労ビザについては、ビザ代行取得業者と直接連絡を取って下さいと企業から言われることもあります。

もしあなたがビザ代行取得業者と直接やり取りをする場合は、抜け漏れが無いように会社側と連携を取りながら進めるように注意して下さいね。

もし海外渡航後にビザを切り替える場合も同様で、どんな手続きを、いつまでする必要があるか事前確認するようにしましょう。

海外での保険に加入する

海外での採用が決まった後、あなたが就労する企業に、海外旅行総合保険に加盟してもらえる可能性もあります。

しかし、外国人の採用になれていない企業の場合は、会社側から保険の加入について案内が無い場合もあります。

出来れば内定前に、保険や福利厚生などの待遇はどうなるのか、確認しておくことをおすすめします。

もし内定前に交渉できなかった場合でも、入社前後に企業側に交渉してみて下さいね!


クラウドワークス

駐在妻の働く方法|在宅ワーク仕事を選ぶ人も

駐在妻の働く方法で在宅ワークを選ぶ人もいる

駐在妻が働く方法はあっても、夫や夫の会社から海外で働くことを禁止されたり、保険・手当などの関係で働くことが難しい場合もありますよね。

しかし、それでも働きたい!と言う場合は、インターネットを利用した在宅ワークで稼ぐ方法もあります。

なお、一定額以上の報酬がある場合でも、日本に住んでいる親族や税理士を納税管理人として指定して、税金を支払ってもらうことが可能です。

なお、在宅ワークの場合は、記事を書いたり、デザインをしたり、自分の得意なことから仕事を選ぶことが可能です。

駐在妻が働く方法|在宅ワークの仕事内容

駐在妻が働く方法で選べる在宅ワークの内容

データ入力

データー入力「事務系の仕事をしていた人」「本帰国後に事務系の仕事をしたい人」「パソコン作業が得意な人」「パソコンのタイピングが得意になりたい人」におすすめの在宅ワークです。

データー入力は、指定されたキーワードで検索をして、企業の住所や連絡先を入力していく作業です。

未経験でも、ワードやエクセルなど、簡単なパソコン操作が出来る人は、データー入力がおすすめ。

正確に入力したり集中力など事務処理能力もUPするので、本帰国後に事務系の仕事をしたい人には向いているでしょう。

普段からパソコンに触れていると、仕事にも復帰しやすいでしょう。

なお、データー入力は、自分で決めた時間でタスクを処理して行くことが可能なので、家事や習い事とも両立することが可能です。

また、パソコンに向かってタスクを熟していく仕事なので、人間関係で悩んだり、人との面倒な関わりがありません。

報酬については、他の仕事よりは安いと言われますが、報酬が高いプロジェクトを選ぶことも出来ますし、スキルに応じて報酬が上がる場合もありますよ。

文字起こし

文字起こし「タイピングが得意な人」「決められたノルマを熟すのが得意な人」「パソコン作業が得意になりたい人」「単価の高い仕事に挑戦したい人」におすすめの在宅ワークです。

文字起こしは、インタビューや講演会の録音データをもとにWordなどに打ち込んでいく仕事です。

タイピングに自信がある場合や、タイピングを練習したい人にはおすすめ。

どんな仕事でもタイピングが早いと重宝されるので、あなた自身のスキルアップにもなるでしょう。

なお、文字起こし単価はプロジェクトや時間毎に決まり、1本数千円の収入になることもあるので、高単価や高収入も狙えます。

文字起こしをする場合は、比較的静かな環境の方が作業しやすいかもしれません。

しかし、他の在宅ワークと並行して取り組むことが可能なので、興味がある人は挑戦してみて下さいね。

記事執筆やライター

記事執筆やライター「文章を書くことが得意な人」「ブログを書いている人」「ライターになりたい人」「自分の好きなジャンルの知識を深めたい人」におすすめの在宅ワークです。

記事執筆やライターの在宅ワークをする場合は、キュレーションサイト向けに、あなたの得意なジャンルについて1000文字~5000文字程度で文章を書くことになります。

給与は文字数や内容によって変わりますが、1記事数百円の場合もあれば3000円以上になる場合もあります。

スキルが上がったり、報酬の高いプロジェクトに参加することで、高単価も狙えます。

実際、記事執筆やライターの仕事だけで月に10~50万円程度稼いでいる駐在妻もいます。

記事執筆やライターのジャンルは、あなたが得意なことや興味があることから選べます。

例えば、旅行や女性向けメディアであれば、馴染みのある話題を書くことが出来るので楽しいかもしれませんね。

普段から文章を書くことが好きな人は、楽しみながらお金を稼ぐことが出来る記事執筆やライターの仕事がおすすめですよ。

日本語教師

海外にいると、語学学校の日本語教師の募集もよく見かけます。

オンライン求人サイトでも日本語教師を募集していますので、自宅にいて働くことが出来ます。

しかし、日本語教師の資格が必要な場合もあります。

もし興味があれば、通信教育で日本語教師の資格を取得することから検討してみて下さいね。



日本語教師

デザイン系

デザインやプログラミングの知識がある方は、フリーランスとして活動することも可能です。

夫の海外赴任先で、フリーランスでエンジニアやWeb系デザイナーの仕事を初めてみるのも良さそうですね。

イラストを描くことが得意な場合は、ココナラでも500~10000円程度で自分のイラストや似顔絵を販売することが可能です。

ココナラは自分の個人情報を出さずに購入者とやり取り出来るので、匿名で作業することも出来ますよ。

イラストを描くことが好きな人や自分のスキルを売りたい人は、是非挑戦してみて下さいね。

ココナラ
ココナラ

駐在妻が働く方法|本帰国後の仕事にも繋がる

駐在妻が働く方法として在宅ワークも検討を

ビザの関係で、駐在妻は働くことが難しいと考えている人も、多いかもしれません。

しかし、海外で働くと言っても、家で出来る仕事も沢山あります。

企業で働くことが難しい場合は、在宅ワークも1つの選択肢になるでしょう。

なお、在宅ワークの場合は、帯同ビザのままでも出来る仕事があるので、日本帰国後も続けることが出来ます。

海外で働きながらスキルアップすることで、日本に戻った後のキャリア形成もしやすくなるでしょう。

あなたも家族とも相談しながら、納得のいく選択肢を見つけて下さいね。

クラウドワークスリクルートエージェント

【参考記事】本帰国後の仕事については、他の記事で紹介しています。

【参考記事】クラウドソーシングの仕事については、他の記事で紹介しています。

-海外赴任中の生活

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.