海外赴任前の準備

海外生活にウエットティッシュを日本から用意すべき理由

更新日:

海外で生活したり、旅行する時の必需品として、あなたは何を思い浮かべますか?

実は、ウエットティッシュは、海外生活や旅行のお役立ちアイテムだということをご存知ですか?

海外に行くと「日本とは全然違うな」と感じる人は多くいます。

  • 飲食店で机がキレイに拭かれていない
  • 海外のトイレの便座が汚い
  • 海外のトイレの手洗い場が汚い
  • 海外の手洗い場に石けんが無い

 

しかし、ウエットティッシュがあれば、海外赴任生活や旅行で感じるストレス対策になります。

そこでこの記事では、海外にウエットティッシュを持っていくことに、どのようなメリットがあるのか詳しくご紹介したいと思います。

海外生活でウエットティッシュを使う時はいつ

海外生活でウエットティッシュが役立つ時とは

まずは、あなたが海外赴任生活をする上でウエットティッシュがあると便利な時について考えてみましょう。

例えば、このような場面で便利さを感じるはずです。

  • カフェやレストランなど飲食店での食事の時
  • トイレに行った時
  • 飛行機の中ですぐ手を拭きたい時
  • 子供の手が汚れた時

カフェやレストランなど飲食店での食事の時

日本の飲食店では、おしぼりやウエットティッシュが出てくるところが多くありますよね。

しかし、海外の飲食店ではおしぼりのサービスが無い場所も。

または、おしぼりを使用すると会計時に課金される飲食店もあります。

そんな時にウエットティッシュがあると、手が清潔な状態で食べることが出来ますよね。

また、スプーンやフォークが汚れている場合は、ウエットティッシュで拭くことが可能でしょう。

海外のトイレに行った時

海外のトイレは、場所によっては汚い場合があります。

また、トイレットペーパーが無い場所もあります。

しかし、便座が汚れている時やトイレットペーパーが無い場合でも、ウエットティッシュがあれば代用できますよね。

また、トイレの手洗い場に石鹸が無い場合も、ウエットティッシュが役立ちます。

なお、海外ではトイレットペーパーを流さずにゴミ箱に捨てるところもありますので、標示をチェックするなど注意してくださいね。

飛行機の中ですぐ手を拭きたい時

あなたが飛行機の中で、手を拭きたい時にもウエットティッシュがあれば便利です。

飛行機の中で、わざわざトイレに行ったり、客室乗務員を呼ぶことが面倒に思うこともありますよね。

また、離着陸時は席を離れることが出来ません。

そのため、飛行機の中だけでもウエットティッシュを持っているとかなり便利に感じるはずです。

海外生活や旅行中で子供の手が汚れた時

子供の手が汚れた時にもウエットティッシュがあれば、便利です。

子どものおもちゃが汚れた時にも活躍するでしょう。

水99.9% ウェットシート 手・口ふき 80枚入×15パック (1200枚)
レック (LEC)

携帯電話やタブレットを拭きたい時

携帯電話やタブレットには、意外と手垢が付きますよね。

そんな時にもウエットティッシュがあれば、簡単に拭くことが出来ます。

手も、日用品もキレイに出来ると、気持ち良く過ごせるでしょう。

海外生活にウエットティッシュを用意する理由

海外生活には日本のウエットティッシュが良い

海外でもウエットティッシュは購入できます。

しかし、匂いが付いていたり、品質が悪いウエットティッシュも多くあります。

そこで、日本で購入して持参するメリットについてお伝えしますね。

日本で購入するメリットは、かなり沢山ありますよ。

  • 無香料
  • 品質が良くて安心安全
  • 安いので手に入れやすい
  • 邪魔になる大きさではない
  • 飛行機にも持ち込み可能

日本のウエットティッシュは無香料

海外のウエットティッシュには強い匂いが付いているものもあります。

ただ、手に匂いが残ると、食事の時に不快感を感じたり気持ち悪くなる人もいるでしょう。

人によっては、肌が荒れてしまうかもしれません。

しかし、日本のウエットティッシュは、ほとんどが無香料タイプです。

使用した後に気持ちが悪くなることは少ないので、安心出来るでしょう。

ネピア ウエットントン 除菌ウエットティシュ ノンアルコール 無香料 50枚 王子ネピア
ネピア

日本のウエットティッシュは品質が良い

海外でも、日本製と聞くと、品質が良いと認識されている国が多くあります。

海外でもウエットティッシュは購入できます。

しかし紙の品質が悪かったり、匂いがあったり、乾きやすいデメリットもあります。

それにどのメーカーが良いのかも分からないですよね。

そのため、安心して使用できるウエットティッシュを日本で用意しておくことをオススメします。

日本のウエットティッシュは安い

ウエットティッシュはそこまでお金がかかりません。

数百円あれば手に入ります。

例えばシルコットウィッシュのまとめ買いをした場合40枚入りx8パックで1000円を切ります。

1パック125円もしないので、家計にも優しいですね。

それに安価だと使いやすいでしょう。

シルコット ウェットティッシュ 除菌 ノンアルコールタイプ 詰替 360枚(45枚×8)
シルコット

日本のウエットティッシュはいつでも使える

ウエットティッシュは準備していて損することはありません。

ウエットティッシュを用意していると、飲食店やトイレ、または震災時など、色々な場所で使うことが出来ます。

買いすぎた場合は、家族とシェアすることも出来ます。

日本のウエットティッシュのサイズ感は良い

ウエットティッシュは、枚数によって大きさも選べます。

そのためカバンに入っていても、邪魔になる大きさではありません。

片手に乗せられるサイズですし、軽いので負担にもなりませんよ。

乾燥するのが嫌な場合は、ジップロックに入れて持ち歩いても良いかもしれませんね。

【まとめ買い】キレイキレイ 除菌ウェットシート アルコールタイプ 30枚×3個パック
キレイキレイ

日本のウエットティッシュは飛行機持込可能

ウエットティッシュは、飛行機にも持ち込むことが出来ます。

検査で引っかかることは、ほとんど無いでしょう。

もし心配な方は、液体類を入れるジップロック(Sサイズ)に入れれば問題ありません。

それでも心配という方はスーツケースに入れてカウンターで預けて下さいね。

海外生活にウエットティッシュを用意すべき人

海外生活にウエットティッシュを持参すべき人

海外赴任生活や旅行にウエットティッシュを持参するべきか悩んだ時は、下記に当てはまるかチェックしてみましょう。

  • 海外の衛生面が気になる
  • 小さい子供がいる
  • タオルを持ち歩いたり、洗ったりするのが面倒
  • すぐに、手をキレイに出来るものが欲しい

海外生活や旅行中の衛生面が気になる人

海外赴任生活や旅行で「手を洗いたいのに洗えない」「机が汚れているから拭きたい」など、モヤモヤすることがあるはず。

そんな時にウエットティッシュがあれば、手や机を拭くことが出来ますよね。

アルコールタイプ、ノンアルコールタイプなど、様々な種類があるので、目的に合わせて購入すると良いでしょう。

小さい子供がいる人

小さい子供がいる場合は、ウエットティッシュは必需品になるでしょう。

子供は気付かないうちに、自分の手を口に入れますよね。

また、食べ物や飲み物をこぼしてしまいます。

せめてお出かけの間は持っておくと良いでしょう。

タオルを持ち歩いたり洗うことが面倒な人

手を洗った後に使うタオルやハンカチを持ち歩いている人も多くいます。

しかし、海外赴任生活や旅行中で、タオルやハンカチを持ち歩いたり洗うことが面倒に感じる時もあると思います。

そんな時にウエットティッシュがあれば、かなり役立つはずですよ。

海外生活のウエットティッシュは日本で購入を

海外生活や旅行でウエットティッシュは役立つ

海外赴任生活や旅行では、ウエットティッシュ1枚あるだけで、便利さを感じることが多くあるはずです。

慣れない場所でのストレスも軽減されると思います。

日本に戻った後でも、日本で暮らす場合でも、持っていて無駄になるものではありません。

子供や周りの人のためにも、日本にいる間や一時帰国の時に購入しておくことをおすすめします。

シルコット ウェットティッシュ 除菌 ノンアルコールタイプ 詰替 360枚(45枚×8)
シルコット
水99.9% ウェットシート 手・口ふき 80枚入×15パック (1200枚)
レック (LEC)
【まとめ買い】キレイキレイ 除菌ウェットシート アルコールタイプ 30枚×3個パック
キレイキレイ

-海外赴任前の準備

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.