Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任中の子供の学校選びの流れとポイント

更新日:

海外赴任が決まった後は、子供の学校について考えることになりますよね。

しかし、日本人学校、現地校、インターナショナルスクール、どの学校が子供にとってベストなのでしょうか?

海外現地の情報は限られているので、頭を悩ませている保護者の方も多いと思います。

しかし、情報を整理してから検討していくことで、子供にとってベストな学校を見つけやすくなります。

そこで、今回は子供の学校選びの流れとポイントについてお伝えします。

 

【参考記事】海外での教育については、他の記事でも紹介しています。

海外で日本の通信教育を受講する方法

あなたは、海外での子供の日本語教育や日本帰国後に向けての学習について悩んでいませんか? 海外赴任現地に日本人学校があったとしても、日本と同じ教育が受けられるか不安ですよね。 また、インターナショナルス ...

海外子女教育振興財団は赴任時に子どもの教育を助けてくれる

あなたは、海外赴任先でのお子さんの教育について悩んでいませんか? 実際、海外での子育てや教育に対して考えると不安になりますよね。 そんな時には、海外子女教育振興財団に相談することで、あなたの教育に対す ...

海外の日本人学校に転校時に教科書を受け取る方法

海外赴任が決まって、海外現地の学校に転校する場合、手続きをしたり準備する物を考える必要があります。 あなたは、転校手続き、提出書類の準備、教科書や学用品の準備を進めていますか? そこで、この記事では、 ...

海外赴任中の子供の学校選びは3つ選択肢ある

海外赴任中の子供の学校は3つの選択肢がある

海外赴任先で子供が通える学校は、大きく分けて3つあります。

  • 全日制日本人学校
  • 現地校
  • インターナショナルスクール

海外赴任中の子供の学校|日本人向けスクール

日本人学校は言葉通り、日本人向けの学校になります。

文部科学省に認定されている学校で、週に5回、日本語で教育を受けることになります。

授業は日本の教科書を使って、日本語で行われることになるので、子供の負担やストレスも少なくなるでしょう。

一方で、海外赴任先での外国語には触れにくくなります。

そのため、英語や外国語については、語学学校や家庭教師、またはオンラインスクールでの学習が必要になります。

海外赴任中の子供の学校|現地ローカル校

海外赴任先での滞在期間が長い場合は、現地校に通うことも1つの選択肢になるでしょう。

しかし、現地校に通う場合は、現地で使われる言語を話す力、聴く力、書く力が必要になります。

また、海外赴任先の国のローカルルールが適用されるため、現地の文化や環境への理解、高い語学力が求められるでしょう。

ただ、地域によっては、現地校でも外国人の受け入れ人数が多い学校もあります。

もし入学を希望する場合は、入学に必要な条件等もチェックして下さいね。

海外赴任中の子供の学校|インターナショナルスクール

海外赴任中の日本人の子供の中には、インターナショナルスクールに通う人も多くいます。

インターナショナルスクールは、様々な国からの子供が集まっているので、国際色が豊かです。

日本人の子供が多いインターナショナルスクールもあります。

しかし、学費が高いため、会社からの補助で賄いきれない場合もあります。

インターナショナルスクールを検討する場合は、学費が高いことも理解しておきましょう。

海外赴任中の子供の学校選び|日本人向け

海外赴任中の子供が日本人学校に通う場合

インターナショナルスクールより学費が安い

日本人学校に通う場合は、インターナショナルスクールより学費が安くなります。

海外赴任中は、海外赴任手当等で家計全体の収入が多くなりますよね。

しかし、インターナショナルスクールに子供が通う場合は、何かと節約が必要になるかもしれません。

日本のカリキュラムに沿った教育を受けられる

日本人学校は、日本の教科書を使って授業が進められます。

また、日本語が通じるので子供も安心して教育を受けることが出来るでしょう。

日本にいる同学年の学生との学力の差が生まれにくいので、日本に戻った後の受験対策も可能です。

数年後に、日本帰国の予定がある場合、日本人の友達が学ぶ環境に戻りやすいことは大きなメリットですよね。

なお、先生1人に対しての生徒数が少ない場合が多く、先生からのケアを受けやすい学校もあります。

生徒や先生とコミュニケーション取りやすい

日本人学校には、多くの日本人生徒が通っています。

先生も、ほとんどが日本人なので、コミュニケーションが取りやすいと言えるでしょう。

慣れない海外赴任生活で、日本語で意思疎通を取れることで、子供も安心感を感じるはずです。

現地の言葉や英語に触れる機会が少ない

日本人学校に通う場合は、現地校やインターナショナルスクールの生徒に比べると、外国語に触れる機会が少なくなります。

日本人学校に通う場合は、放課後や土日に、語学学校での語学勉強が必要になります。

地域によっては日本人学校が遠い場合も

海外赴任先によっては、日本人学校まで距離があったり、日本人学校が存在しないことがあります。

その場合は、海外赴任先の現地校またはインターナショナルスクールに通うことになります。

もし、日本人学校への入学を希望する場合は、海外赴任先の地域に学校があるか調べてから動くと良いでしょう。

海外赴任中の子供の学校選び|ローカル向け

海外赴任中の子供がローカル現地校に通う場合

インターナショナルスクールより学費が安い

海外赴任先で、現地校に通う場合はインターナショナルスクールに通より学費が安くなります。

また、現地の言葉や文化を習得しやすくなります。

海外赴任先で過ごす中で、現地の子供達と関わることによって、学ぶことや感じることも多くあるでしょう。

慣れない環境なので子供や両親への負担もある

海外赴任先で現地校に通う場合は、子供にとって負担やストレスがある可能性があります。

現地の言葉が理解できないと、授業が理解できない懸念があります。

また、学校側から細かいサポートを受けられない場合もあります。

現地校に通う場合は、子供の語学力も考慮する必要がありますよね。

日本語能力が低下してしまう恐れがある

海外赴任先で、現地校に通う場合は、子供の日本語能力が低下する恐れがあります。

そのため、日本帰国時、他の学生との学力に差が出や少なります。

現地校に通う場合は、家庭での日本語学習も必要です。

インターネットを使って日本語での学習に触れる機会を作っても良いですし、日本語補習校に通っている子供もいます。

海外赴任中の子供の学校選び|外国人向け

海外赴任中の子供がインターに通う場合

インターナショナルスクールは国際的

海外赴任中に、インターナショナルスクールに通う場合は、様々な国籍、文化の学生がいるので国際的な感覚を身に付けることが出来ます。

インターナショナルスクールは、独自の授業やイベントがあるので、楽しく通えるかもしれません。

また、先生や保護者とのコミュニケーションが英語になるので現地校に通うより楽になるでしょう。

インターナショナルスクールは学費が高い

インターナショナルスクールのデメリットは、何と言っても費用が高いことです。

会社から補助金が出る場合でも、補いきれない場合があります。

また、人気の学校の場合は、入学できない懸念もあります。

インターナショナルスクールでは日本語不使用

現地校同様、インターナショナルスクールに通う場合も日本語能力が低下する懸念があります。

日本帰国後のことを考えると、日本語対策も必要になります。

家庭でのフォローの他に、インターネットを使って日本語での学習に触れる機会を作ったり、日本語補習校に通わせることも検討すると良いでしょう。

子供任せではなく、親も協力していくことが大切です。

海外赴任中の子供の学校選びのポイント

海外赴任中に、学校を選ぶ場合は、下記のポイントを意識すると良いでしょう。

  • どの言語をメインにして学ばせるか
  • 子供の気持ちや考え
  • 子供の年齢
  • 海外赴任期間
  • 金銭面

海外赴任中の子供の使用言語

日本語、現地の言葉、英語のうち、どの言語をメインにして教育していきたいか考えることも、1つの基準になります。

中学校、高校、大学をどの国で進学させたいか、についても考えていくと決めやすいでしょう。

海外赴任中の学校への子供の気持ち

1番大切なのは子供の気持ちや考えです。

もし決めきれない場合は、何校か見学して子供にどの学校に通いたいか聞いてみることも大切です。

海外生活で、ストレスや寂しさ、不安を感じる子供も多くいます。

親として、出来る限り子供の気持ちにも寄り添ってあげるようにして下さいね。

海外赴任中の子供の年齢

年齢が高いほど、外国語で受ける授業への難易度が高くなります。

もし現地校やインターナショナルスクールに通う場合は、英語や現地語で授業を受けることになります。

今まで日本語だけの環境で育ってきた子供にとっては、外国語での授業は負担があることも考えておきましょう。

海外赴任中に子供が学校に通う期間

親の赴任期間も、学校を選ぶ上で1つのポイントになります。

もし、1~3年で日本に戻る場合は、日本語環境で学んだ方が良いかもしれません。

4~5年以上の海外赴任期間がある場合は、現地校やインターナショナルスクールも検討すると良いでしょう。

海外赴任中の学校への金銭的な負担

インターナショナルスクールは特に学費が高くなります。

会社からの補助で足りない場合もあります。

海外での習い事も含めると、何かとお金がかかりますよね。

インターナショナルスクールへの入学を決める前に、金銭的なバランスは大丈夫かも考えておくと良いでしょう。

海外赴任中の子供の学校選びは情報収集が大事

海外赴任中の子供の学校選びは情報収集から

海外赴任先で子供が通う学校を決める上では、事前情報収集も大切です。

しかし、海外赴任先で、直接見たり聞かないと分からないこともありますよね。

そこで、海外赴任先では、同じ年齢の子供がいる人と知り合うことが出来れば、情報収集もしやすくなると思います。

ただ、他人の考えや洗濯が全てではありません。

焦らずにゆっくり情報収集をして、子供と一緒にベストな学校を考えていきましょう。

-海外赴任前の準備

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.