Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任からの日本帰国

本帰国前に断捨離しながら片付けをする方法

更新日:

本帰国が決まった後、日本での生活に向けて断捨離をする人は多くいます。

あなたは、海外の家にある荷物を全て日本に持ち帰って、落ち着いた後に捨てれば良いと思っていませんか?

しかし、本帰国後は手続きがあったり、何かと忙しくなって、ゆったりとした時間を作りにくいかもしれません。

また、日本の家は海外に比べて狭くなる場合が多いので、すべての荷物を持ち帰ること自体、難しい可能性があります。

日本に戻った後、新しい家電・家具を買う場合は、持ち帰った荷物をほとんど捨てることになることもあるでしょう。

そこで、本帰国を控えているあなたには、本帰国準備の時に出来るだけ物を減らすことをおすすめします。

この記事では、本帰国前の断捨離の方法についてお伝えしますね。

本帰国前に断捨離で片付けをするメリット

本帰国前に断捨離で片付けをするメリット

まずは、本帰国前に断捨離で片づけをするメリットについて考えてみましょう。

例えばこのようなメリットが挙げられます。

  • 本帰国への荷物が減って引っ越し料金の節約になる
  • 日本での新生活をスタートさせやすい
  • 不用品を譲ることで他人に感謝される
  • 物を整理することで気持ちがスッキリする

本帰国の荷物が減り引っ越し料金の節約になる

本帰国前に荷物を断捨離することで、船便や航空便の段ボール数が減るので節約になります。

日本に戻って捨てる物であれば、海外にいるうちに捨てたり、人にあげる方が楽ですよね。

また、物が多いと引っ越しも大変になりますし、体力も失われます。

断捨離すると日本の新生活をスタートしやすい

荷物を整理して少なくしておくことで、日本での新生活をスタートさせやすいメリットもあります。

日本の家は、海外の家より狭くなる可能性があるので、荷物をすべて運ぶと家の中が狭くなってしまう可能性があります。

また、日本の家に戻った後に、新しい家具家電を買うことも考えると、荷物は極力減らす方が良いでしょう。

電化製品は、電圧の関係で日本で使えない場合もあるので注意してくださいね。。

断捨離して、また気に入るものを新しい生活に取り入れると、気分も一新します。

家の中にスペースが出来ると、リラックスしやすくなるはずです。

海外生活での不用品を譲ると他人に感謝される

海外で不用品を処分したり、人に譲ることで、感謝されることもあるかもしれません。

またリサイクルショップやフリーマーケットで売ることで、お金が手に入ることも。

あなたの赴任地に新しく来た日本人だったり、リサイクルショップに問い合わせてみて下さいね。

地域のSNSや掲示板などで、必要としている人に譲るのもおすすめですよ。

断捨離で物を整理すると気持ちがスッキリする

物を整理することで気持ちをスッキリさせることも出来ます。

心機一転、新しい暮らしに向けて、不用品を整理してみましょう。

雑然とした暮らしだと、気持ちが沈みやすかったりイライラしがちになりますよ。

本帰国前に断捨離で片付けをする方法

本帰国前に断捨離で片付けをする方法

本帰国前に断捨離で片付けをする流れは簡単です。

  • 段ボールを3箱以上用意して1部屋ずつ片付ける
  • 日本で必要な物と不要な物を分ける
  • 不用品か悩んだ場合は1年以上使っているかを基準にして捨てる

 

段ボールを用意して1部屋ずつ片付けて、必要なものと悩んでいるものを分けるだけです。

段ボールを3箱用意して1部屋ずつ片付ける

全ての部屋を一気に終わらせると、大変かもしれません。

まずは1部屋ずつ片付けていきましょう。

物がたくさんある場合は、今日は押し入れ、今日は机周り、と分けて片付けていきましょう。

最初から全部出しすぎると嫌になってしまいますよね。

段ボールを3箱以上用意して、捨てるものと残すものを分けていきます。

日本で必要な物と不要な物を分ける

捨てるべきか悩んだものについて、1年以上使っていない場合は処分しましょう。

必要になった時に、また購入すれば良いと思えばOKです。

いつか使えると考えていると、結局ほとんどの物が残ってしまいます。

1年以上使っているかを基準にして捨てる

捨てるべきか悩んだ場合は、絶対に捨てたくないと心から思えるか考えましょう。

1年以上使っていないものは、今のあなたの生活・これからのあなたの生活には不要な物もあります。

あなたの生活も日々変化しています。

1年以上使っていないもので、迷っている場合も思い切って断捨離してみましょう。

必要になればまた買えば良いと考えましょう。

本帰国前に断捨離で片付けをするポイント

本帰国前に断捨離で片付けをするポイント

本帰国前に断捨離で片づけをするポイントもご紹介します。

断捨離をする時は、このようなことを意識すると良いでしょう。

  • 思い出の品は写真に撮ってから捨てる
  • 片付けしながら思い出に浸らない
  • 片付ける部屋を決めてから動く
  • 断捨離や片付けの本を読んで知識を身に付ける

思い出の品は写真に撮ってから捨てる

子供の作品など、思い出の品は写真に撮ると捨てやすくなります。

全てを捨てるのではなく、スペースを取るものを優先的に処分すると良いかもしれません。

片付けや断捨離中に思い出に浸らない

片付けをしていると、どうしても懐かしい物や思い出の品に浸ってしまいますよね。

しかし、思い出に浸ってしまうと、なかなか作業が進まない場合があります。

今は片付けの時間と割り切って、作業を進めて下さいね。

片付ける部屋を決めてから動く

完璧主義のタイプだったり、全てを早く終わらせたいと思う場合は、全ての部屋を一気に片付けたいと思うかもしれません。

しかし、1日で出来る作業時間には限りがあることを忘れてはいけません。

体力にも限界はあるでしょう。

1度に全て終わらせるのではなく、片付ける部屋を決めてから動くと良いでしょう。

何日かに分けて、また家族にも協力してもらいながら進めて下さいね。

片付けの本を読んで知識を身に付ける

断捨離や片付けの本を読んで知識を身に付けることもおすすめ。

例えば、人生がときめく片づけの魔法という断捨離本は有名ですし、読みやすいと思います。



海外にいても、kindle版を購入すれば、タブレットやスマートフォン、パソコンで読むことが出来ます。

片付け中の息抜きにもなるでしょう。

物を捨てることに慣れていない人は、断捨離に抵抗があるかもしれません。

しかし、断捨離をする時は、また必要な時に買えば良いと前向きな気持ちになるメリットもありますよ。

断捨離の際に、捨てる勇気が欲しい方は本を読みながら、あなたのペースで作業してみて下さいね。



-海外赴任からの日本帰国

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.