Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任中の生活

一時帰国中の日本人が免税手続きを受ける方法

更新日:

あなたは、日本のドラックストアやショッピングモール、デパートで免税やTAX FREEという表示を見たことはありますか?

実際、この数年間で日本国内で免税できるお店は増えています。

そして、免税は、外国人だけではなく、海外に住んでいる日本人も対象になります。

海外赴任者が利用できる免税制度、あなたは利用していますか?

まだ利用していない場合は、この記事を参考にして下さいね。

一時帰国中の日本人も免税対象者になる

一時帰国中の日本人の免税について

一時帰国中に免税対象になる日本人

一時帰国中の日本人も、免税対象者になることは、観光庁のWEBサイトに表記されています。

具体的には下記の条件に該当する人が免税対象者になります。

  • 外国にある事務所(日本法人の海外支店等、現地法人、駐在員事務所及び国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
  • 2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
  • [1]及び[2]に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
  • [1]から[3]までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者

2年以上外国に滞在する目的の人も対象になるので、海外に住んでいる駐在員や駐在妻はほとんど対象者になります。

一時帰国中の日本人が免税できる店舗

一時帰国中は、納税地を所轄する税務署長の許可を受けた店舗で、免税することが出来ます。

最近は、ドラックストア、ショッピングモール、家電量販店など、免税やTAXFREEの文字が出ている店舗は、年々増えていますよね。

しかし、同じドラックストアのチェーン店でも、免税できる店舗が限定されていることがあるので、理解するようにしましょう。

また、イオンでは、イオンモール内では免税になりますが、サービスカウンターでの免税手続きが当日夜20~21時までと言われる場合もあります。

免税店でも店舗によってルールや対応時間が違う場合があるので、注意して確認するようにしましょう。



一時帰国中の日本人が免税できる対象品

一時帰国中の日本人が免税できる対象品

実は、免税店で購入した場合でも、毎回免税になるとは限りません。

大前提として、一般物品と消耗品に分けて、分けて考える必要があります。

それでは、どのようなものが、どのような場合に免税になるのかチェックしていきましょう。

一般物品

家電、装飾品、時計、衣類、靴、鞄、雑貨,時計、宝飾品、民芸品などは、一般物品に分類されます。

免税条件は、同じ店舗における1日の販売合計額が税込み5400円以上の場合です。

なお、一般物品と消耗品を合算して免税対象額にすることは不可です。

また、個人で消費するもの、日本入国日から6カ月以内に未開封のまま持ち出すことも条件になります。

なお、2016年5月1日より、訪日外国人旅行者の購買意欲を高めるために、免税対象となる一般物品の最低販売合計額が、10,000円から5,000円に引き下げられました。

海外赴任者や外国人旅行者にとっては嬉しいですよね。

消耗品

消耗品は、食品、果物、飲料、医薬品、化粧品、たばこなどになります。

消耗品の場合は、1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が税込5400円~54万円の場合に免税可能です。

消耗品だけで税込み5400円の購入が必要で、一般物品とは合算することが出来ないので注意が必要です。

また、消耗品を購入した日から30 日以内に輸出する必要があり、日本国内で消費されないように指定された方法による包装がされていることも必要です。

基本的に、消耗品を購入した場合は、店内で免税品専用袋に入れてもらうことが出来ます。

一時帰国中の日本人が免税手続きする方法

一時帰国中の日本人が免税する方法

商品購入から免税までは、このような流れになります。

  1. 対象商品を免税専用のレジに持っていく
  2. 一時帰国日が分かるパスポートを提示する
  3. お店の人が梱包と免税手続きをしてくれる
  4. 免税分が現金で戻される
  5. 商品を開封しないまま出国する

 

対象商品を免税専用のレジに持っていく

一般物品も消耗品も、同じ店舗における1日の販売合計額が税込5400円以上の場合に免税可能になります。

店舗の中に免税専用のレジが無い場合は、普通のレジに行き、免税したい旨を伝えましょう。

一時帰国日が分かるパスポートを提示する

店員さんに、一時帰国のスタンプが押してあるパスポートを見せると「一時帰国ですか?海外に住んでいますか?」と聞かれることがあります。

一時帰国中と分かれば、そのまま免税の登録をしてもらうことが出来ます。

なお、ヨーグルトやアイスクリームなど、明らかに日本で消費するであろうと考えられるものは、免税対象になりませんので注意してくださいね。

店舗側で商品の梱包と免税手続きをしてくれる

会計が終わると、商品数を数えながら、お店の人が商品の梱包をしてくれます。

またレジで免税手続きをしてくれます。

外国人旅行者が多い店舗の場合は、手続きはスムーズに終わる可能性が高いでしょう。

店舗での会計後、輸出免税品購入記録票を作ってもらい、書類をパスポートに張り付けてもらう作業は、慣れている店舗だと5~10分で終わります。

最後に、パスポートに、ホッチキスまたはテープで、免税に関する書類を貼ってもらいます。

この書類は、空港での出国時に、専用BOXに入れるようにして下さいね。

免税分が現金で戻される

会計時は、税が引かれた金額をカードまたは現金で支払うことになります。

しかし、店舗によっては、会計後に、サービスカウンターに行って、免税分が現金で戻される場合もあります。

商品を開封しないまま出国する

免税手続き後は、出国前に、税関で、免税品とパスポートに貼ってもらった免税書類を見せるだけでOKです。

最近は、中身をチェックされずに、免税書類だけ専用BOXに入れる場合もあります。

しかし、抜き打ちでチェックした際に、免税品が無いと課税されるので、気を付けましょう。

なお、免税店で購入した免税品は、当たり前ですが、日本国内で使用することはできません。

未開封のまま海外に持ち出すことが条件ですので、気を付けて下さいね。

一時帰国中の日本人が免税する時の注意

一時帰国中の日本人が免税する時の注意

一時帰国中の日本人が免税手続き前後に気を付けたいことは、こちら。

  • 一時帰国日が分かるパスポートが必要
  • 免税手続きに慣れていない店員もいる
  • 免税した商品は日本で開封しない

一時帰国日が分かるパスポートが必要

免税手続き時は一時帰国日のスタンプが押されたパスポートを提示する必要があります。

もし、スタンプの押されない自動化ゲートを通ってしまった場合は、免税出来ない場合もあるので気を付けましょう。

免税手続きに慣れていない店員もいる

免税店の中にも免税手続きに慣れていない店員さんもいます。

アルバイトのスタッフさんや、外国人が来ないお店の店員さんは、免税について知らないこともあります。

もし、そのお店で確実に免税出来ると分かっている場合は、違う担当者に変わってもらって下さいね。

免税した商品は日本で開封しない

免税した商品は、日本で開封しないことが条件です。

もし開封してしまった場合や日本で使用した場合は、課税されるので気を付けて下さいね。

一時帰国中の日本人の免税手続きは簡単

一時帰国中の免税手続きは簡単

免税手続きと聞くと面倒で難しいイメージがありますが、慣れてしまえば簡単ですし、海外赴任者にとっては嬉しい制度ですよね。

しかし、免税にするためには、一定額以上の品物を購入する必要があるので、イオンなどのショッピングモールでまとめて購入するのも1つの方法です。

その際に、イオンのクレジットカードを持っているとJALのマイルが溜まったり、お得なサービスを受けることも可能ですよ。

せっかくの一時帰国ですので、免税制度や割引を上手に活用して、海外赴任生活への買い物を楽しんでくださいね。



-海外赴任中の生活

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.