Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任からの日本帰国

本帰国後に子供が1人暮らしをする方法と流れ

更新日:

海外赴任の任期中に、子供だけ先に帰国して日本で暮らす場合もありますよね。

または、本帰国のタイミングで子供が1人暮らしを始める場合もあるでしょう。

しかし、マンションで1人暮らしをする、学生会館に住む、ルームシェアをする等、複数の選択肢のうち、子供にベストな選択肢がどれか悩みませんか?

そこで、今回は、本帰国後に子供が1人暮らしをする方法と流れについて、お伝えしたいと思います。

本帰国後の子供の暮らしについて悩んでいる方は参考にして下さいね。

本帰国後に子供が1人暮らしをする時の選択肢

本帰国後に子供が1人暮らしをする方法

本帰国後に日本で子供が1人暮らしをする方法は複数の選択肢があります。

  • 一般賃貸マンションで1人暮らしをする
  • 学生マンションで1人暮らしをする
  • 学生会館に住む
  • 学生寮に住む
  • 親戚の家に身を寄せる
  • ルームシェアをする

一般賃貸マンションで1人暮らしをする

社会人同様、一般賃貸マンションで1人暮らしをする場合は、学生寮等に比べると自由度が高くなる一方、一般の人もいるのでセキュリティ面には注意が必要です。

特に女性の場合は隣人にはどのような人がいるのか、マンション全体の住民層を知っておくと安心できるでしょう。

なお、デザイナーズマンションなど家具付きのマンションもあるので、選択肢は増えるでしょう。

年齢や性別、職業など様々な住人が住んでいる一般賃貸マンションは、自由な暮らしを求めている学生には良いかもしれません。

1人で暮らすので、掃除や洗濯、家事などすべてを行う必要がありますが、1人で生きていく力を付けたい学生さんにはオススメです。

学生専用マンションに比べ、物件数もあるので、意外と良いマンションが見つかる可能性もあります。

学生向けマンションで1人暮らしをする

大学や専門学校に進学する場合は、学校近く学生専用マンションがあるところもあります。

学生専用なので、他の住宅に比べて、学校に近かったり、セキュリティ面で安心できるメリットがあります。

また学生寮などに比べるとルールは緩めでしょう。

一般人向けのマンション同様、家具などは揃える必要はありますが、学生寮などに比べると自由度が高くなります。

しかし、学生が多く住むマンションの場合は、騒音トラブルも多くもあるので、静かに暮らしたい場合は注意が必要です。

また1人暮らし用なので狭いデメリットもあります。

学生会館に住む

学生会館は運営会社によってサービスは違いますが、こちらもセキュリティ面では安心できます。

学生会館によっては、食堂や大浴場が付いている場合もあります。

また、門限のルール、他の人を泊めてはいけないルールなど設けられているところも多くあり、親にとっては安心できるでしょう。

しかし、管理費は高めになることと、ルールがあること、そして食堂や浴室などは共用のところもあります。

そのため、子供にとっては息苦しさを感じるかもしれません。

もし、規則正しい生活をしたい、学生同士の交流をしたい場合は、学生会館も検討してみてくださいね!

学生寮に住む

学校によっては、学生寮が用意されている場合もあります。

スポーツ推薦で入学した生徒は、学生寮に住んでいることが多くあります。

なお、学生寮の場合は、同じ学校の学生のみで構成されているので、セキュリティ面では安心できますし、友達も作りやすいメリットがあります。

しかし、門限のルールが設けられているところも多くあり、学生会館同様、食堂や浴室などは共用のところもあるので、自由度は低くなります。

進学する学校から学生寮を勧められた場合は検討しても良いかもしれません。

親戚の家に身を寄せる

1人暮らしではありませんが、親戚の家に身を寄せることも、選択肢の1つです。

親戚の家に身を寄せる場合は、家賃はかからないが、食費や光熱費をいくら払うか決める必要があります。

また、気持ち的に落ち着かない場合もあるので、気の許せる親戚であるか考えることも大切です。

子供にとっては、あまり親しくない親戚の場合は居心地が悪く感じることもあるでしょう。

1人暮らしの方が気持ち的に楽だと言う場合もあります。

ルームシェアをする

最近は、ルームシェアをする学生も増えてきました。

友達とルームシェアをする場合もあれば、最初からルームシェア専用のマンションを探す方法もあります。

ルームシェア専用のマンションでは、リビングや台所、トイレ、お風呂を共用とし、個室を各自の部屋とすることになります。

勿論、他人との共同生活をする中では、住んでみないと分からない不満も出てきます。

しかし、他人との共同生活に息苦しさを感じない子供であれば、ルームシェア生活を楽しめるでしょう。



本帰国後に子供が1人暮らしする場合の流れ

本帰国後に子供が1人暮らしする流れ

本帰国が決まった後に子供が1人暮らしをする流れは、こちらです。

  • 本帰国後に住むエリアや学校を決める
  • 子供が住むエリアや学校の近くで家を探す
  • 内見や物件見学をする
  • 契約をする

本帰国後に住むエリアや学校を決める

まず、本帰国が決まったら住むエリアや進学する学校を決める必要があります。

出来るだけ、一時帰国のタイミングでエリアや学校の見学をしておくと、安心でしょう。

インターネットの情報と、実際に足を運んでみた情報が違う場合もあります。

子供が住むエリアや学校の近くで家を探す

子供が住むエリアや進学する学校が決まった場合は、インターネットを使って情報収集します。

例えば、入居が決まると最大10.3万円のお祝い金がもらえるDOOR賃貸は、大手サイトのスーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコムの物件500万件をまとめて検索することが出来ます。

1度に複数サイトで調べる手間が省けるので、時短にもなります。

ルームシェアを検討する場合は、ルームシェア専用検索サイトも活用して下さいね。

内見や物件見学をする

気になる物件が見つかれば、内見をしに行くことになります。

内見の予約はインターネットから可能なので、1度に2~3件まとめると良いでしょう。

事前に日当たり、広さ、臭い、カビ、汚れや傷、周辺環境、治安、騒音、交通の利便性を調べておくと、迷った時に比較しやすくなります。

当日カメラを持って写真を取りながら回っても良いでしょう。

契約をする

未成年や学生の場合、保護者が契約する必要もあります。

本人が申し込み出来る場合でも、申し込みの段階で、保証人が求められることもあるので、両親が海外にいる場合は、親戚などに頼んでおくと良いでしょう。

本帰国後の子供の1人暮らし物件探しは簡単

本帰国後に子供が1人暮らしする家を探そう

物件は様々なので、子供と実際に見学しながら決めても良いでしょう。

本帰国後の1人暮らしは大変かもしれませんが、社会に出るまでの準備期間に自活を身に付けることができます。

前もって準備をしたり、リサーチしていくことで、子供にとって良い物件も見つかりやすくなります。

入居が決まると最大10.3万円のお祝い金がもらえるDOOR賃貸は、大手サイトのスーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコムの物件500万件をまとめて検索することが出来ます。

DOOR賃貸を活用しながら、ご家族でじっくり話し合ってみて下さいね。

<

p style="text-align: center;">\ 入居が決まると最大10.3万円のお祝い金! /

-海外赴任からの日本帰国

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.