Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任からの日本帰国

本帰国後に子供が通う学校の選び方

更新日:

本帰国が決まった後、子供が日本で通う学校を選ぶ必要がありますよね。

「本帰国後、子供の学校はどうしよう」
「本帰国後、子供の英語力をキープしたい」
「本帰国後、希望の学校に編入出来るのだろうか」

これからの進路進学のことを考えると、こんな風に不安に思う方も多いと思います。

しかし、情報を集めていくことで選択肢の幅も広がり、子供の進路についても決めやすいと感じるでしょう。

そこで、この記事では、帰国後の中学校・高校の選び方についてお伝えします。

本帰国後に子供が通う学校の選択肢

本帰国後に子供が通う学校の選択肢

本帰国後が日本の学校に通う場合は複数の選択肢があります。

日本の公立国立私立学校に通う

本帰国先から帰国する地域にもよりますが、一般的には、家から通いやすい学校を探して転校を考えることになるでしょう。

また公立の小学校に戻った後に、私立の小学校を受験する子供もいます。

公立ではどの学校もカリキュラムに沿って学習を進めるというパターンが多いようですが、私立や国立の場合は、それぞれの学校が独自のカリキュラムで授業を進めていきます。

学校によって様々な特色がありますので、子供がどのようなことに興味を持っているか?どんなところを伸ばしていきたいか?どんな校風が合うか?比較しながら検討してみてくださいね。

海外帰国子女を受け入れている学校に通う

本帰国後、子供は帰国子女という扱いになるのか疑問に思う方もいるでしょう。

実際、帰国子女に対する考え方は、学校によって違います。

1年以上現地の学校に通えば帰国子女枠での受験が出来る学校もあれば、2年以上通う必要があって、尚且つ英語力が求められることもあります。

なお、海外の学校に通っていたからと言って、必ずしも帰国生を受け入れる体制がある学校を選ぶ必要はありません。

また帰国子女枠での受験の場合、帰国後の期間が海外在住期間を越えていない者としている学校もあります。

つまり、海外で2年暮らしていたとしても、本帰国後3年以上経つと帰国子女枠での受験が難しくなる場合もあるのです。

帰国子女枠を狙っている場合は、受験しようと考えている学校の条件に当てはまるかも必ずチェックするようにして下さいね。

インターナショナルスクールに通う

海外生活が長かったり、現地でインターナショナルスクールに通っていた場合は、日本の学校の生活にギャップを感じることがあります。

例えば、日本語があまりうまく話せない場合は、日本の学校での授業理解に苦労したり、友達とのコミュニケーションがストレスになります。

日本でインターナショナルスクールに通う場合は、費用も掛かるので、親としては悩んでしまうかもしれません。

もしインターナショナルスクールへの転校を考える場合は、日本語のフォローも行ってくれる学校を考えると良いでしょう。

または、日本語の塾が近くにあるか探すことも検討しましょう。

本帰国後に子供が通う学校を選ぶポイント

本帰国後に子供が通う学校を選ぶポイント

本帰国後の子供の学校を選ぶ方法についても考えてみましょう。

通学距離・通学方法に問題はないか

住む場所が決まっている場合は、家から学校までの距離がお子さんにとって問題ないか考える必要がありますよね。

公立の場合は学区内に進学することになりますが、私立や国立の場合は家から離れていることもあります。

特に小中学生の場合は、子供と「通学距離は問題ないか」「通学方法は問題ないか」とゆっくり確認するようにしましょう。

日本語や日本の授業内容に問題はないか

海外生活が長い場合は、子供の日本語能力も気にする必要があります。

例えば、海外での学習方法と日本での学習方法が違う教科もあるので、入学後に苦労する子供もいます。

お子さんにとって、日本の学習内容が簡単すぎる場合もあれば、難しすぎる場合もあります。

転入先の学校の授業がお子さんの学力とマッチするかも確認して下さいね。

学校の雰囲気が子供に合うか

海外で制服が無かったり自由な学校に通っていた場合、日本の学校に違和感を感じる子供もいます。

例えば日本では、校則が厳しい学校に通うことになった場合、お子さんにとっては辛く疑問に感じることもあるでしょう。

学校を決める時は、出来るだけ見学してから決めると良いでしょう。

お子さんの意思や気持ちも尊重してあげて下さいね。

本帰国後に子供が通う学校を選ぶ時の注意

本帰国後に子供が通う学校を選ぶ時の注意

学校の進学実績は一つの目安

中学、高校選びの中でどうしても気になる要素が、卒業後の進学実績ですよね。

どんな学校に進学しているのか、難関校にどれくらい合格しているのかで、どんな学校なのかを判断してしまいがちなものです。

しかし、進学実績だけではなく、学校の雰囲気や通いやすさなど、総括してみていけると良いでしょう。

親子間での学校についての話し合いも大切

お子さんの海外生活が長い場合は、日本語と英語のどちらで勉強していきたいかも意見を聞いてみましょう。

帰国後はどんな学校生活を送りたいか?将来的にどんなことを学んだり、深めていきたいか?など、お子さんの気持ちや考えにも耳を傾けて下さいね。

学習環境や生活環境が変わる場合は、お子さんにとっても負担やストレスがあります。

できるだけ子供の気持ちを理解してあげるようにしましょう。

学校に完璧な授業を求めないことも大切

学校は集団学習で様々なレベルの子供がいるので、あなたの子供が100%満足する授業を受けることは難しいですよね。

学校によっては、英語学習が進んでいないところもあるでしょう。

しかし、海外赴任中や本帰国後に子供の英語力をキープしたい場合は、オンライン英会話を利用することで補うことが可能です。

例えば、小学生専用英語レッスンLEARNieは、月6000円で、世界中の子供とアクティブラーニング&グループワーク&ゲーム形式の英語レッスンを行うことができます。

毎回同じメンバーでの学習になるので、海外にいる時のように楽しく英語学習することも出来るでしょう。

LEARNieは、今だけ2回の無料体験レッスンを受けることが可能です。

小学生向けの本格派オンライン英会話レッスンは日本初で、海外にいても受講可能です。

今のうちに試してみて下さいね!

<

p style="text-align: center;">\ 小学生向け本格派オンライン英会話レッスン /



-海外赴任からの日本帰国

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.