Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任中に介護中の親をサポートする方法

更新日:

海外赴任を含め、転勤で実家を離れると、日本にいる親の生活をサポートをしたり介護することが厳しくなりますよね。

日本にいれば、定期的に親元に顔を出して元気か確認出来ても、海外にいると物理的に厳しくなります。

しかし、日本に残る親の介護やサポートのために、海外赴任や転勤を断ることは難しい場合もあります。

そこで、今回は、介護やサポートが必要な親が日本にいる場合に、遠隔から出来る対策・サポート方法についてご紹介したいと思います。

海外赴任中に介護中の親が心配になる理由

海外赴任中に親の介護が心配になる理由

海外赴任中に、日本にいる親の暮らしや介護が心配な場合もありますよね。

その理由としては、このようなことが挙げられるでしょう。

  • 離れているのですぐに駆け付けることが不可
  • 日々のちょっとした変化に気付きにくい
  • 日本にいる親は年々老化老衰する

親と離れているので介護ができない

物理的に距離がある場合は、すぐに親元に駆けつけることが厳しくなります。

日本にいれば、何か問題が合った時や、親が体調を崩した時などに、介護に行くことが出来ますよね。

しかし、海外赴任中は、飛行機を予約して移動する必要があるので、時間もお金もかかります。

親の体調変化に気付きにくい

日本で親の近くに住んでいる場合は、介護をしながら、日々のちょっとした変化にも気付きやすいでしょう。

今日は親の顔色が悪いな、発言がおかしいな、元気が無いな、など、フォローすることも出来ます。

しかし、日本と海外で離れて生活していると、親の体調変化や異変に気付きにくくなることがあります。

親は年々老化老衰する

日本にいる親は、年々老化や衰退していきます。

去年まで元気でも、今年体調が悪くなるかもしれません。

うちの親は元気だから大丈夫だと思っていても、誰もが年を取っていくのです。

海外赴任中に介護中の親をサポートする方法

海外赴任中の親の介護や暮らしをサポート方法

海外赴任中は、少なくとも数カ月、数年間、親に会いに行くことが厳しくなるでしょう。

そこで、出発前や海外赴任中に、親に万が一のことがあったらどうするか?しっかり対策しておくことが重要です。

事前に、万が一の事を想定しておくと、いざという時に慌てずに動くことが出来ます。

なお、今は、セキュリティセンサーの設置、定期的な訪問など手厚いサービスを受けることが可能です。

もちろん身内でのケアも大切ですが、物理的に厳しい場合は有料サービスの利用も検討すると良いでしょう。

あなたにできる、日本の親の介護や暮らしをサポートする方法は、下記の内容を参考にして下さいね。

  • 病院や施設やヘルパーに緊急連絡先を共有する
  • 近所の方にも挨拶する
  • 親族や兄弟姉妹と連携を取る
  • 決まった曜日と時間に連絡する
  • 防犯カメラを設置する
  • 高齢者見守りサービスを利用する

病院や施設やヘルパーに緊急連絡先を共有

親の介護や面倒を、病院や施設やヘルパーに介護をお願いしている場合は、海外赴任中の緊急連絡先をいくつか共有しておきましょう。

いざという時、ここに連絡して欲しいと、日本にいる親戚や兄弟姉妹を紹介しておくことも大切です。

少しでも変化があったり、心配なことがある場合に、コミュニケーションを取れる人がいると安心ですよね。

親の近所の方にも挨拶する

もし近所付き合いがある場合は、近所の方にも声をかけておくと安心でしょう。

例えば、朝になってもカーテンが開かなかったら気にして欲しい、たまに声をかけて欲しいと言っておくだけでも安心できると思います。

近所付き合いが無い場合は、知り合いに「時々、親に声をかけて欲しい」とお願いしても良いかもしれません。

親族や兄弟姉妹と連携を取る

日本に親族や兄弟姉妹がいる場合は「定期的に親の様子を見に行って欲しい」「困った時は相談し合おう」と連携を取っておくと良いでしょう。

今まであなたが中心になって介護していた場合は、親の介護や暮らしでの注意点やポイントを共有すると良いかもしれません。

周囲の人が、介護に慣れていない場合は、分からないことが沢山あるのです。

親に1週間に1度は連絡する

今はSkypeなどのアプリから、日本に格安で電話することが出来ます。

あなたがインターネット通信を使って、日本の親に電話する場合は、料金の節約になります。

時間を見つけて、直接連絡して会話する方法も検討して下さいね。

親の家に防犯カメラを設置する

家の中に防犯カメラを設置するというのも1つの方法です。

もちろん家のあちこちに…となると、生活している側も落ち着きませんよね。

そこで、どこか1か所、本人も気にならない場所を決めて設置すると良いかもしれません。

家の中にスマートフォンやタブレット端末を置いて、Skypeで会話する方法もあります。

しかし、親がタブレット端末やSkypeを使いこなせない場合は、防犯カメラに頼ると良いでしょう。

Hiseeu ネットワークカメラ IPカメラ ワイヤレスカメラ 1080P 200万画素 ベビーモニター 老人介護 留守安心 防犯カメラ 監視カメラWiFi対応 暗視撮影 アイク内蔵・音声双方・通話可 首振り式 モーション機能 ペット・子供見守り ウェブカメラ
HisEEu

宅配食サービスを利用する

食べ物に心配がある場合は、宅配食を発送してくれるやわらかダイニングを利用する方法もあります。

レンジで温めるだけでやわらかい食事が完成するので、 栄養バランスを考えられた食べやすい食事を楽しむことが可能です。

なお、やわらかさのレベルが違う、3つの食事コースが用意されています。

例)
やわらかレベル1:厚焼き卵ほどのかたさ
やわらかレベル2:だし巻き卵ほどのかたさ
やわらかレベル3:スクランブルエッグほどのかたさ



親のために老人介護施設の情報収集をする

海外赴任中にサポート出来ない場合は、老人介護施設を検討する方法もあります。

あなたが離れて暮らしている場合でも、24時間のサポート体制があれば、何かあった時も安心出来ると思います。

近くの老人介護施設は、有料老人ホーム検索の探しっくすで一括検索することが可能です。

無料で検索することが可能なので、選択肢の1つとして情報収集を行っておきましょう。

有料老人ホーム検索の【探しっくす】無料資料請求

親の家にホームセキュリティSecualを導入する

Secualは、窓やドアからの侵入を検知し、スマートフォンに通知が届くサービスです。

工事無しで簡単に設置できますし、 月額980円~で、ホームセキュリティや高齢者の見守りサービスを利用することが可能です。

日本と海外で離れて暮らしていても、あなたのスマートフォンに通知が来るので、安心出来るでしょう。

海外赴任期間だけでも、あなたの親の見守りが出来るSecualを導入を考えてみて下さいね。



海外赴任中に介護中の親の遠隔サポートは可能

海外赴任中に親の介護や暮らしを気にかけよう

あなたが、どこの国に海外赴任するかにもよりますが、海外と日本に時差があったり、距離やインターネット障害がある場合もありますよね。

親とすぐに連絡が取れなかったり、何かあった時に駆け付けられない心配もあるでしょう。

しかし、事前に、頼れる人やサービス、物を考えておくだけで、あなたも親も安心出来ると思います。

海外赴任中の親のサポート方法は複数あるので、どのサービスが合うか色々と試しながら検討していきましょう。

情報を集めることは、とても重要です。

-海外赴任前の準備

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.