Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任の医療保険加入|検討時の考え方と注意

更新日:

長期的に海外に滞在する場合、保険について気になりますよね。

多くの場合は、会社が負担してくれたり、会社が保険の手続きをしてくれるかもしれません。

しかし、自分でも海外赴任中の保険について知識を持っておいて損はないでしょう。

そこで、この記事では、海外生活で考えておきたい保険についてご紹介します。

保険の種類は、色々ありますので、比較検討してみて下さいね!

海外赴任の医療保険加入|基本的な考え方

海外赴任中の医療保険加入への考え方

海外で医療費を自己負担で支払う場合、保険適用にならないと高額になります。

そのため海外渡航前後で医療保険に加入する人が多くいます。

海外赴任中の医療保険については、大きく4つのタイプに分けることが可能です。

  • 海外赴任中は日本医療保険に加入する
  • 海外赴任中は日本健康保険を適用する
  • 海外赴任中は現地民間保険に加入する
  • 海外赴任中は現地公的保険に加入する

 

海外赴任先の国によって状況も変わるので、他の駐在員に聞いたり、会社の人事から説明を受けることも1つの情報収集方法です。

なお、保険料金補償内容は、会社によって違う場合もありますので、契約時は内容確認をしっかり行って下さいね。

海外赴任の医療保険加入|日本独自プラン利用

海外赴任中に日本の医療保険に加入する

医療保険や医療制度に不安がある国に渡航する場合は、日本の保険会社の海外旅行保険を利用しても良いでしょう。

日本で契約した生命保険や医療保険は、海外でも適用する場合があります。

既に生命保険や医療保険に加入している場合は、保険会社に海外でも適用させることが可能か問い合わせておきましょう。

海外赴任中に日本医療保険に加入メリット

会社が代わりに日本の医療保険に加入してくれる場合もあります。

海外赴任中に日本の医療保険に加入するメリットには、このようなことがあります。

  • 日本語でサービスを受けられる
  • 多くの場合、駐在員向けの保険が用意されている
  •  補償内容やサービスが充実しているところが多い

 

日本で保険に加入する場合は、日本語で契約内容を確認したり、サービスを受けられるので安心することが出来ます。

また、保険会社によっては駐在員向けの保険が用意されています。

海外赴任中に日本医療保険に加入デメリット

海外赴任中に日本の医療保険に加入することには、デメリットもあります。

  • サポート内容や医療レベルは、渡航する国や保険会社によって違う。
  • 虫歯の治療は保険適用外なる場合が多い

 

海外赴任先でのサポート内容や、海外赴任先での医療レベルは、国によって違う場合があります。

また、歯の治療は適用外になる場合もあります。

ただし、海外赴任先でも適用可能の保険については、現地の病院と連携が取れている場合もあるので、その場合はキャッシュレスになります。

海外赴任先で治療を受けても支払いが無いと、安心ですよね。

海外赴任の医療保険加入|日本の公的機関利用

海外赴任中に日本の健康保険に加入する

海外赴任中に、日本の健康保険に加入する人もいます。

あなたが日本で国民健康や社会保険に加入している場合は、海外現地での領収書や書類を日本に提出することで、何割か負担してもらうことができます。

多くの場合は、海外で発生した医療費を日本で治療したときの費用に変え、その分の7割が支給されることになります。

海外赴任中に日本健康保険に加入メリット

  • 歯の治療についても請求することが出来る

 

海外赴任中に日本の医療保険を適用する場合は、歯の請求についても請求することが可能です。

海外赴任中に日本健康保険に加入デメリット

  • 領収書や必要書類を準備して提出するので面倒
  • 自己負担した上で、請求することになる

 

海外赴任中に日本の医療保険を適用する場合は、領収書や必要書類を準備する必要があります。

例えば、歯の治療を受けた場合は、現地の歯医者に領収書をもらうだけではなく、必要書類に記入とサインをお願いすることになります。

日本の保険会社に問い合わせをして詳細を聞く場合は「海外で、〇〇の治療を受けたのですが、その分の費用請求はできますか?」と言う形で良いでしょう。

海外駐在中でも駐在や会社は国内の健康保険料を払っているので、有効活用できれば良いですね。

海外赴任の医療保険加入|現地独自プラン利用

海外赴任中に現地の民間保険に加入する

アメリカなどでは、日本のような公的な医療保険制度がないので、現地の人も民間の医療保険に加入しています。

場合によっては、現地の民間保険への加入も検討しても良いでしょう。

海外赴任中に現地民間保険に加入メリット

  • 保険会社が、現地の医療事情について詳しい

 

現地で保険に加入する場合は、現地の保険会社に「外国人向けの保険はあるのか?」問い合わせをしてみて下さいね。

海外赴任中に現地民間保険に加入デメリット

  • 日本語が通じなかったり、通訳がいない場合もある
  • サービスや保障内容について、保険会社によってバラバラなので確認が必要

 

海外赴任中に現地の民間保険に加入する場合は、日本語が通じない場合もあります。

また、サービスや補償内容は、保険会社によって違うので契約時には注意が必要です。

海外赴任の医療保険加入|現地の公的機関利用

海外赴任中に現地の公的保険に加入する

ヨーロッパなどでは、外国人でも公的医療保険に入れる場合があります。

しかし、日本語が通じない場合もああるので、海外生活に慣れていない場合は、ハードルが高いかもしれません。

会社の人や通訳を頼りながら加入を検討すると良いでしょう。

海外赴任中に現地公的保険に加入メリット

  • 外国人でも公的医療保険に入ることが出来る

 

ヨーロッパなどの場合は、外国人でも現地の公的な医療保険に加入することが出来ます。

海外赴任中に現地公的保険に加入デメリット

  • 日本語が通じなかったり、通訳がいない場合もある

 

海外赴任中に現地公的保険に加入する場合は、現地の言葉で説明を受けることになるので、少しハードルが高い場合もあります。

日本語が通じない場合は、不安もあるかもしれません。

その場合は、通訳や日本語が話せる人を頼ると良いでしょう。

海外赴任の医療保険加入|会社にも確認を

海外赴任中の医療保険加入は会社にも確認を

海外現地での治療は、日本と大きく違う場合もあります。

また、医療を受ける上では、言葉の問題も衛生面においても、不安に感じることもあるでしょう。

ただ、保険加入について、会社が手配してくれる場合もあります。

もし、自分で加入しなければいけない場合は、はじめのうちは日本で加入するか、日本語での手続きが可能なところを優先的に選んでみて下さいね。

医療保険は大切なことですので、慎重に考えていきましょう。

-海外赴任前の準備
-

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.