Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任中の生活

海外生活で太る理由と今から出来る対策

更新日:

あなたは、海外生活は太りやすいという話を、耳にしたことはありますか?

久しぶりに体重計に乗ってみたら、3~5kg太っていた、なんて人もいますよね。

人によっては、1年間で5~10kg太ってしまうこともあります。

しかし、なぜ海外で生活すると太りやすくなるのでしょうか?

そして、どのような対策をすれば、太りにくくなるのでしょうか?

そこで今回は、海外生活で太らないためのポイントや考え方についてご紹介したいと思います。

「海外生活で、出来るだけ体型を維持したい」
「海外生活で、健康的に痩せたい」

こんな悩みがある人は、参考にして下さいね。

海外生活で太ることに悩んでいる人は多い

海外生活で太る人は多くいる

どうして多くの人は、海外生活で太ってしまうのでしょうか?

その理由として、例えばこのような理由が挙げられます。

  • 高カロリーな食事が多い
  • ストレスが溜まって食欲が旺盛になる
  • 周りの人がたくさん食べている
  • 生活リズムが狂う
  • 便秘になりやすい

海外には高カロリーな食事が多い

海外には、日本と比べて、高カロリーな食事も多くありますよね。

レストランや飲食店などで外食する場合も、ボリューム感たっぷりでカロリーも高い食事が出てくることも。

そして、美味しいので食べすぎてしまう人もいるでしょう。

なお、海外では、糖分だけではなく塩分も多く含まれている食品が多くあるので、注意です。

海外ではストレスが溜まって食欲が旺盛になる

日本と海外では、生活環境や文化で似ている部分もあれば、違う部分もありますよね。

海外生活に慣れていない場合は、言葉や文化、環境に対して、無意識のうちにストレスを感じていることもあるでしょう。

ストレスを上手く発散できないと、食欲が旺盛になったり、便秘になったりすることも。

ストレスが暴飲暴食に繋がることもあるので、結果的に太りやすくなるとも言えるでしょう。

海外では周りの人がたくさん食べている

外国人は、日本人に比べて、太っても大丈夫と考えている人もいます。

日本人を含めたアジア人は、痩せすぎていると感じている外国人もいます。

周りの人がたくさん食べていると、あなたは全然太っていないよ!まだまだ細い方だよと言われることもあるでしょう。

どんどん食べていくうちに、食欲が旺盛になり、胃も大きくなって、結果的に太ってしまうこともあります。

体型や体重をキープしようと思った時は、周囲の食習慣に影響されない意識も必要になりますよね。

海外では生活リズムや食生活が狂う

日本と海外で時差があったり、生活リズムに変化があると、食生活も乱れがちになります。

外食してしまったり、日本で食べない時間に間食すると、太りやすくなるでしょう。

不規則な生活になると、太りやすくなるので注意したいですよね。

海外では便秘になりやすい

日本人は、主食であるお米を消化しやすい身体の人が多くいます。

逆に欧米系の食事は、消化しにくい人もいるでしょう。

そのため海外生活中は、便秘になりがちで、身体に余分なものが溜まっていくのです。

海外生活で太ることに悩むなら食生活で対策を

海外生活で太ると感じた場合は、食生活で改善していくことも可能です。

少しずつ気を付けていくことで、健康的な身体作りを目指せるはずです。

あなたも自分が出来そうなことから、生活に取り入れてみませんか?

  • 腹6分目にする
  • 野菜から食べる
  • 外食しない時は日本食を作る
  • お菓子を食べる時はカロリーが少ない物を選ぶ
  • アルコールは控えめにする
  • ヨーグルトや食物繊維を取る

腹6分目にする

日本にいた時より食べる量が増えたと感じる場合は、腹6分目を意識して食べると良いでしょう。

海外では、出されたもの全て食べようと考えるのではなく、満腹の手前にしておくと良いかもしれませんね。

もし残すのが嫌という人は、事前に少なめにしてくださいとオーダーしても良いでしょう。

野菜から食べる

少し前に、食べる順番ダイエットが流行りましたよね。

厳しい食事制限や激しい運動を伴わないダイエットなので、今日から取り入れることができる体質改善方法です。

ご飯を食べる時は野菜から食べると、脂肪分の吸収を防ぎ、消化しやすくなるでしょう。

外食しない時は日本食を作る

外食しない時は、出来るだけ日本食を家で作って食べるように心掛けましょう。

料理が苦手という人は、おにぎり1個作るだけでもOKです。

また、週末にご飯を炊いておいたり、作り置きのおかずを作っておくと楽かもしれません。

ご飯は腹持ちが良いので、他の食品に比べてお腹が空きにくくなります。

空腹の状態を作らないことで、高カロリーの食事をたくさん食べる必要も無くなるでしょう。

アルコールは控えめにする

付き合いもあると思いますが、アルコールは控えめにすることも大切です。

水分だから大丈夫だろうと思いがちですが、カロリーが高いお酒もありますし、水太りやむくみの原因にもなります。

どうしてもアルコールを飲む必要がある日の翌日は、肝臓を休めて下さいね。

カロリーの高いお菓子を控える

市販のお菓子を食べる時は、カロリーが少ない物を意識的に選ぶようにすることも体質改善に繋がります。

また、ヨーグルトや食物繊維を意識的に取って、便秘にならないように気を付けましょう。

普段から、バランスの良い食事を心掛けることが大切です。

海外生活で太るならサプリや運動での対策も

海外生活で太るならサプリや運動での対策も

海外生活で太ったなと感じた時は、サプリを飲んだり運動で対策していくことも可能でしょう。

他にも下記の対策によって、海外生活で健康的な生活を目指すことが出来るでしょう。

  • こまめに体重計に乗る
  • 運動する
  • 自宅で骨盤エクササイズをする
  • 加圧シャツを着用する
  • 酵素サプリを飲む
  • 一時帰国ではエステに通う

こまめに体重計に乗る

朝起きたら体重計に乗ることで、食事への意識を変えやすくなります。

いま自分が何キロか把握することで、意識的に食べる量にも気を付けるようになるでししょう。

また、女性だと意識的にスカートや体形が分かる服を着ることで、自分を客観視できるので、暴飲暴食対策になると考えている人も多くいます。

運動する

1日15分でも軽く運動することで、身体の流れも良くなります。

ジムに通ったり、家の周りをウォーキングしたり、ヨガをしたり、様々な運動方法があるので、自分に合ったやり方を見つけて下さいね。

食生活に気を付けても、身体を動かさないと老廃物が溜まりやすくなる懸念があります。

運動系のアプリケーションを携帯でダウンロードしても良さそうですよね。

自宅で骨盤エクササイズをする

骨盤がゆがむと、太りやすくなったり、姿勢が悪くなりスタイルも悪く見えます。

しかし、骨盤エクササイズをすること、くびれと美尻があるボディを目指すことが出来ます。

クッションを使った簡単な運動であればTVを見ながらでも出来るので、無理なく続けることも出来るでしょう。



加圧シャツを着用する


寝ている時に上半身の引き締めをしたい時は、加圧シャツもおすすめ。

例えば、Slim Slenderは、段階を付けて部位ごとに着圧レベルが違うので、着心地も良いですしメリハリのある身体作りを目指すことが出来ます。



Slim Slender

酵素サプリを飲む

ベルタこうじ生酵素サプリ
belta

酵素サプリを使用して、ファスティングを行う方法もあります。

酵素を取りながらダイエットを進めることで、美容を目指しながら健康的な身体を作りを目指せるのも嬉しいですよね。

例えば、ベルタこうじ生酵素サプリは、7種の雑穀30種こうじ菌や622種の野菜、500億個の乳酸菌やコンブチャ、スーパーフードが1粒にぎゅっと詰まっている優れもの。

いつまでも美しくいたいあなたには、酵素ダイエットもおすすめします。



ベルタこうじ生酵素

一時帰国時ではエステに通う

一時帰国の時にエステに通うのも1つの方法です。

海外生活で溜まった疲れや毒素を思いっきり流すことで、リフレッシュも出来ますよね。

これから一時帰国が近い人は、エステの体験にも行ってみて下さいね。

エルセーヌ

海外生活で太ることの悩み対策は可能

海外生活で太る対策は可能

海外での慣れない生活を送る上で、ストレスを溜めたり太ってしまうことは、仕方ないことかもしれません。

しかし、生活の中で少しでも気を付けたり、意識することで、健康な身体作りも可能になります。

海外生活で太ることを気にしている場合は、食べる量を調節したり、運動量を多くしたり、無理のない健康作りが出来るとベストですよね。

時にはベルタこうじ生酵素サプリ加圧シャツに頼りながら、あなたに合う方法で健康対策をしていきましょう。

エルセーヌ

-海外赴任中の生活

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.