Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任からの日本帰国

海外赴任中に本帰国の家探しする方法

更新日:

海外から本帰国が決まった時、優先的に考える必要があること、それは日本で暮らす家のことです。

日本に持ち家がない、社宅もない、実家にも住めないという場合、焦って探すことになりますよね。

そこで今回は、海外から日本に帰国して家探しをする時の流れについてお伝えします。

海外赴任中に日本の家を探したり、不動産会社に連絡を取ることも可能なので、慌てずに探していきましょう。

 

【人気記事】本帰国後の就職活動については、こちらの記事が人気です。

本帰国後の仕事
本帰国後就職活動で働く仕事や職場を探すコツ

「本帰国後、仕事をしたいけれど就職活動に成功できるか分からない」 「本帰国後の仕事について、いつから考えれば良いのか分からない」 こんな風に本帰国後の仕事について、悩む人は多くいます。 あなたも、本帰 ...

海外赴任中に本帰国の家探しする人は多い

海外赴任中に本帰国の家探しする人は多い

複数の不動産屋会社がおすすめ物件を登録しているSUUMOやhome’sなどを使うと、その土地の相場や、どんな物件があるのか把握することが可能です。

日本国内でも、インターネットや携帯アプリで物件探しをして不動産屋に問い合わせをする人が、最近は増えているので、不動産屋の担当者もメールで対応してくれます。

あなたも、気になる物件があれば、積極的に問い合わせをしてくださいね。

なお、引っ越す人が多い3~4月などは、良いと思った物件が、すぐに他の人に借りられてしまうこともあります。

そのため、出来るだけ、本帰国前には複数の物件候補を探しておくと良いでしょう。

海外赴任中に本帰国の家探しする時の注意

海外赴任中に本帰国の家探しする時の注意

不動産会社の担当者によっては、海外からの帰国者を外国人と認識している場合や、住民票が無いと対応できない等と、スムーズに話を進めてくれない場合があります。

しかし、住民票が無くても、海外からの帰国者でも物件探し自体は可能です。

不動産会社の対応に満足が出来ない場合は、別の不動産会社に連絡するなど、うまく切り替えをしていってくださいね。

なお、日本で賃貸物件を契約する時に、住民票が求められることがありますが、海外からの引っ越しの場合は提出が出来ません。

しかし、日本大使館に在留証明書を発行してもらえることで、対応してもらえることもあります。

不動産会社から住民票の提出を要求された場合は、まだ住民票を戻してないので在留証明書で対応可能か、聞いてみて下さいね。

海外赴任中に本帰国の家探しする時の流れ

海外赴任中に本帰国の家探しする時の流れ

日本で賃貸物件を探す場合の流れは、このようになります。

  • インターネット上で賃貸物件を探す
  • 不動産会社に物件情報と必要書類を確認する
  • 一時帰国または本帰国時に内見する
  • 日本帰国前後のタイミングで契約する
  • 鍵の引き渡しとガス電気水道の開通
  • インターネットの契約

本帰国の家をインターネット上で探す

まずはインターネットで賃貸物件を探すことになります。

引っ越し先の地域を選んだら、希望条件を選択して物件を絞っていきましょう。

気になる物件が見つかったら、不動産屋に申し込みをしましょう。

メールアドレスを入力することで、不動産会社からあなたに連絡が来ます。

本帰国家探し前に不動産会社に必要書類を確認

気になる物件について、不動産会社から連絡が来た時は、不動産契約時に必要になる書類について事前確認すると良いでしょう。

事前に書類を用意しておくことで、仮押さえが可能になったり流れがスムーズになりますよ。

なお、証明書に関しては、基本的にコピーでOKと言ってもらえることが多いです。

本帰国時か一時帰国で家探しと内見をする

近日中に一時帰国または本帰国を控えている場合は、そのタイミングで物件を内見することも可能です。

入居内見は担当者と日程を合わせて行います。

なお、本帰国まで日本に戻る予定が無い場合は、日本帰国まで契約を先延ばしにするか、内見無しで契約を考えていくことになります。

その場合も、他の人が契約してしまった時のために、複数の候補を考えておくと良いでしょう。

不動産屋に求めている条件を伝えておくことで、帰国時の内見の時に、複数の家を見ることが出来る可能性も高くなりますよ。

本帰国前後のタイミングで家を契約する

日本帰国前後のタイミングで契約の申し込みをした場合は、不動産屋で入居審査が行われることになります。

この時、条件によっては保証人の設定が必要になる場合もあります。

また、本契約前には初期費用を入金する他に、複数の契約書類の準備も必要になります。

例えばこのような物です。

  • 契約者や入居者の身分証明書と収入証明書
  • 連帯保証人の身分証明書と収入証明書
  • 大使館で発行された在留証明書
  • 勤務先の情報
  • 会社から家賃補助が出る場合はその証明書
  • 実印、銀行届出印、認印など

 

契約する際には、重要事項説明書や賃貸契約書、保険の申込書などの書類を受け取ることになります。

必ず目を通して、分からないことがあればその場で聞くようにしてくださいね。

家の鍵の引き渡しとガス電気水道の開通

申し込みから入居までは、大体2~3週間必要になります。

もし、本帰国後のタイミングで入居が間に合わなかった場合は、ホテルなどに仮住まいを考えると良いでしょう。

なお、本契約の後は、不動産屋立ち合いの元で鍵の引き取りをします。

このタイミングで、ガスや電気、水道の開通作業を行うことになります。

家のインターネットの契約

インターネットの契約は、あなた個人でプロパイダを選んで契約することになります。

本帰国前に時間があれば、どのプロパイダを利用するか検討しておくことをおすすめします。

海外赴任中に本帰国の家探しする時のコツ

海外赴任から本帰国する時の家探しのコツ

海外赴任から本帰国する時に家探しをする場合は、いくつかポイントを抑えておくと楽になります。

例えばこのようなことです。

本帰国後住むエリアや譲れない条件はあるか

帰国の時期が、日本で引っ越しする人が多い2~4月と重なった場合は、希望する条件での物件が見つかりにくい場合があります。

また、交渉していた物件でも、他の人に借りられてしまう可能性があります。

そのため、住むエリアだけではなく、家探しをする上で絶対に譲れない条件を設定して、不動産屋に協力してもらうこともポイントになります。

本帰国前に仮住まいの家やホテルを探す

事前に不動産屋と契約交渉をしていた場合でも、帰国当日から入居することは出来ない場合があります。

その場合は、仮住まいとしてウィークリーマンションやマンスリーマンション、ホテルを探すことが必要になるでしょう。

ホテルも先に予約することで安く泊まることが可能です。

本帰国で持ち帰る荷物が全て収納されるか

海外から日本に帰国する場合、家の広さが狭くなる可能性が高くなります。

そのため、海外から持ち帰る荷物が全て収納される家か、確認しておくことが大切です。

本帰国前インターネット上から申し込み可能か

海外から家探しをする場合、日本国内にいるより時間がかかったり、面倒なこともあります。

しかし、インターネット上で物件を探したり、メールで不動産屋に連絡することで、帰国後の家探しがスムーズになります。

本帰国準備はTODOがたくさんあり大変だと思いますが、1つ1つチェックしながら進めていけば、良い物件や不動産屋も見つかりやすいでしょう。

海外赴任中に本帰国の家探しする時のサイト

海外赴任から本帰国の家探しする時のサイト

 

海外から家探しをする時は、入居が決まると最大10.3万円のお祝い金がもらえるDOOR賃貸は、大手サイトのスーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコムの物件500万件をまとめて検索することが出来ます。

不動産会社に何度も問い合わせる手間が省けるので、時短にもなるでしょう。

 

【人気記事】本帰国後の就職活動については、こちらの記事が人気です。

本帰国後の仕事
本帰国後就職活動で働く仕事や職場を探すコツ

「本帰国後、仕事をしたいけれど就職活動に成功できるか分からない」 「本帰国後の仕事について、いつから考えれば良いのか分からない」 こんな風に本帰国後の仕事について、悩む人は多くいます。 あなたも、本帰 ...

-海外赴任からの日本帰国

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.