Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任先で車を運転する国際免許証の発行方法

更新日:

海外赴任する際、現地で運転する予定がある場合は、国際免許証を発行して持参する必要があります。

また、海外赴任先で車を所有する以外に、旅行や出張でレンタカーを借りる場合にも、国際免許証は必要になります。

注意しなければいけないことは、赴任先の国によっては、国際免許証が認められない場合もあることです。

しかし、海外赴任先で、運転する可能性のある方は、国際免許証の申請や現地免許証の取得を考えてみて下さいね。

そこで今回は国際免許所についての情報をお伝えします。

 

【参考記事】海外赴任中の免許証更新については、他の記事で紹介しています。

海外赴任で車を運転する国際免許証とは何か

海外赴任で車を運転できる国際免許証とは

国際免許証は、各都道府県の公安委員会が発行するものです。

国際免許証申請と受け取りは、各都道府県警察署の運転免許センター、運転免許試験場、警察署で行うことになります。

なお、国際免許証は、日本が加盟しているジュネーブ条約に基づき、加盟国がそれぞれの国で発行された免許証を認め合うものです。

あなたが海外赴任先で国際免許証を利用できるかは、国外運転免許証が有効な国(ジュネーブ条約加盟国)をチェックすることで分かるでしょう。

なお、国際免許証の有効期間は1年で、更新することは出来ないので、毎回申請することになります。

あなたが1年以上海外赴任先に滞在する場合は、国際免許証の有効期限が切れる前に再申請してくださいね。

なお再申請しない場合は、その国の免許を取得する方法、日本の運転免許証を現地の免許証に切り替える方法も検討すると良いでしょう。

海外赴任で車を運転する国際免許証の申請方法

海外赴任で車運転できる国際免許証の申請方法

海外赴任前に国際免許証を申請する方法

海外渡航前、国際免許証の申請発行をしたい場合は、各都道府県警察署の運転免許センター、運転免許試験場などで対応してもらうことが可能です。

なお、警察署で発行を受ける場合には、2~3週間の日数がかかります。

海外赴任が決まって、海外赴任先で運転することが確定している場合は、早めに申請しておくと安心出来るでしょう。

なお、国際免許証の発行には、下記の書類などが必要になります。

• 国外運転免許証交付申請書
• 運転免許証
• 印鑑
• 写真1枚(6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景で鮮明なもので縦5cm×横4cm、白黒可)
• 外国に渡航する者であることを証明する書面(パスポート、チケット等)

 

あなたが申請する各都道府県警察署の運転免許センター、運転免許試験場などに、受付時間や準備物を事前に確認しておくと、不備や忘れ物を防ぐことが出来るでしょう。

一時帰国中に国際免許証を申請する方法

海外赴任先からの一時帰国で国際免許証を発行したい場合は、少し複雑です。

もし、日本の運転免許証に記載されている場所に一時帰国する場合は、その場所の運転免許センター、運転免許試験場などで発行することが可能です。

しかし、運転免許証記載の場所と一時滞在先が違う場合は、一時滞在先を証明する書類が必要になるので、注意してくださいね。

運転免許証記載の場所(札幌市)=一時滞在先の場所(札幌市)⇒通常の手続き。
運転免許証記載の場所(札幌市)≠ 一時滞在先(八王子市)→ 一時滞在先を証明する書類が必要。

 

一時滞在先を証明する書類は、下記のようなものです。

• ホテルに滞在:ホテルの予約票
• 実家や友人宅などに滞在する場合:一時帰国証明書

海外赴任中の車運転と国際免許証のデメリット

海外赴任で車運転できる国際免許証のデメリット

海外赴任で車が運転できる国際免許証を発行する場合のデメリットとしては、3つあります。

  • 費用の問題
  • 安全の問題
  • ルールの問題

国際免許証は再申請できないので毎年費用が発生

国際免許証の有効期限は発行日から1年間で、更新はできません。

そのため、毎年新規で国際免許証の申請手続きをする必要があります。

1年未満にまた取得し直した場合は、そのときから1年にリセットされます。

なお、委任状などがあれば、日本で代理申請をすることも可能ですが、費用2400円は毎回発生します。

もし長期滞在の場合は、現地の免許への切替を検討しても良いかもしれません。

そして、日本の免許証の有効期限が切れたり無効になると、国際免許証も無効になるので注意が必要です。

日本と海外赴任先の国では交通ルールが違う

日本と海外では、交通ルールや安全への認識、運転者のマナーが違う場合もあります。

国際免許証を持っていても、現地のルールを理解しなければ、運転することが難しいと感じる人も多くいます。

国際免許証を発行しても運転できない国がある

スイス、スロベニア、ドイツ、フランス、ベルギー、モナコ、台湾などは、ジュネーブ条約に加盟していないため、国際運転免許証を取得しても、免許を持っていると見なされません。

しかし、台湾とドイツとスイスは例外で、法定翻訳を持つことで運転可能になる場合もあります。

もし、あなたの赴任先がジュネーブ条約に加盟していない国の場合は、現地の運転免許を取る必要があります。

その場合の免許取得方法は、現地の大使館等に問い合わせしてみて下さいね。

海外赴任中の車運転と国際免許証のメリット

海外赴任で車運転できる国際免許証のメリット

海外赴任で車が運転できる国際免許証を発行することで、メリットもあります。

  • 利便性がある
  • いざと言う時に運転できる
  • 代理人申請が可能

国際免許証を持つと利便性がある

国際免許証を持つことで、利便性を感じることが出来るでしょう。

旅行や出張またはプライベートで行動の幅が広がりますし、レンタカーも運転できるようになります。

いざと言う時に国際免許証があれば運転できる

もし家族が体調不良になった時やトラブルが起きた時などに、現地で車と国際免許証があれば運転することも可能でしょう。

万が一の事を考えて、用意しておくと何かと便利かもしれませんね。

国際免許証は代理人申請が可能

国外運転免許証を申請する人がすでに外国に渡航している場合は、代理人申請が可能です。

代理人申請に必要な書類は、こちら。

• 代理人の身分を証明する書類 (運転免許証や健康保険証、パスポートなど)
• 代理人にあてた申請及び免許証の受領についての委任状
• 申請者本人の日本の免許証 (有効期限が3か月異常あるもの)
• 申請者本人のパスポート全ページのコピー (白紙部分も全て)
• 申請者本人の写真1枚 (6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景で鮮明なもので縦5cm×横4cm、白黒可)

海外赴任で車運転するなら国際免許証の準備を

海外赴任で車運転するなら国際免許証の準備を

海外赴任先で運転する予定が無いという場合も、いざと言うときのために持っておくと便利でしょう。

ただし、会社によっては赴任者や赴任家族の運転が禁止というところもあるので、取得前に人事に確認することは重要です。

また、国内免許証の有効期限が切れてしまうと、国際免許証も無効になってしまいます。

国内での免許証は、海外に渡航する場合は、特例で通常の免許更新手続き期間以外に免許の更新が可能になります。

特例で免許更新をした場合は、更新後の運転免許証の有効期限は短くなりますが、国際免許証の無効になると影響がある方は制度の利用を検討してみて下さいね!

そして、これから国際免許証の発行を考えている場合は、出来るだけ早めに準備しましょう!

 

【参考記事】海外赴任中の免許証更新については、他の記事で紹介しています。

-海外赴任前の準備

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.