Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任中の生活

海外赴任での駐在妻の妊活と不妊治療への考え方

更新日:

「海外赴任中だけど、なかなか妊娠しないので不妊治療をしたい」
「海外赴任中に、他の駐在妻は妊活や不妊治療をどうしているの?」

こんな風に考えた時、どうしたら良いのでしょうか?

デリケートな問題なので、周りの人にも相談しにくいですよね。

これから海外赴任する上で、海外での不妊治療に不安を感じていたり、悩む人も多くいるでしょう。

周りが妊娠や出産していく中、自分だけ妊娠しないと不安になりますよね。

そこで今回は、海外赴任中の妊活や不妊治療について、あなたの悩みの解決方法をご紹介したいと思います。

海外赴任中に妊活や不妊治療する駐在妻は多い

海外赴任中に妊活や不妊治療する駐在妻は多い

海外赴任中に妊活や不妊治療に悩む駐在妻は多くいます。

「結婚したら、すぐに妊娠出来ると思っていたのに、子供が出来なかった」と、肩を落としてしまう人も多くいます。

しかし、海外赴任中でも妊活や不妊治療をすることは可能です。

日本と違う環境での妊活や不妊治療はストレスが溜まるかもしれませんが、不妊に悩んでいる場合は不妊治療を検討するのも1つの方法です。

駐在妻が悩む不妊症とは何か

ところで、あなたは不妊症の定義を知っていますか?

一般的に、子供を望む夫婦が1年ほど妊娠しなかった場合は、不妊症と診断されます。

年代や環境によっても変わりますが、健康な男女が排卵日に子作りした場合の1カ月の妊娠確率は約20~30%と言われています。

子作りを考えてから妊娠するまでは、だいたい半年かかる人が多く、結婚1年以内で80%、結婚2年以内で90%の夫婦が赤ちゃんを授かっているというデータもあるようです。

そして、1年間の妊娠確率ですが、20代で80%、30代前半で60%、30代後半で50%と年齢が上がるにつれ確率は下がっていくので不安に思ったり焦る人も多くいるでしょう。

多嚢胞性卵巣症候群とは何か

不妊治療の際によく聞くワードの1つに、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)があります。

これは、若い女性によく見られるのですが、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。

10mmくらいの大きさの卵胞が、たくさん卵巣の外側に1列に並んでいて、それ以上大きくならないことが特徴です。

月経周期が35日以上だったり不規則の場合、ニキビが多い、肥満などの自覚症状もあります。

海外赴任で妊活中の駐在妻が考える不妊治療法

海外赴任中の駐在妻が妊活中に考える不妊治療とは?

不妊治療とは、不妊症の夫婦のために、生殖医療技術など医療が介入して妊娠確率を上げることです。

治療は自費治療、保険適用の治療と様々な方法があります。

ここでは、いくつかの方法をご紹介します。

なお一般的には、タイミング法→排卵誘発法→人工受精→腹腔鏡検査や顕微授精と進みますが、費用にもかなり差が出てきます。

不妊治療法1タイミング法

タイミング法は、排卵日を予測し、どの日に性交すれば妊娠するか知る方法です。

なお、排卵日は、卵巣から卵が放出される日を指します。前の月の生理開始日からおよそ2週間後にあたります。

女性は排卵日の2日前から排卵日までに性交渉を行うと妊娠しやすいと言われています。

排卵日の予想の方法は、こちらです。

• 基礎体温の変化を見る
• 尿中の黄体化ホルモンの測定をする
• 超音波検査を行う

 

もちろん自分で毎日体温を測り、アプリなどに記録していく方法や排卵日チェッカー(尿検査)を使う方法もありますが、病院に通うことでさらに正確なデータを知ることが可能です。

不妊治療法2排卵誘発法

排卵誘発法は、内服薬や注射で卵巣を刺激して排卵させる方法です。

排卵のタイミングにあわせて性行為を行い、妊娠率を高めます。

通常、排卵のない患者さんに使われます。

人工授精の妊娠率を高めたり、体外受精などの生殖補助医療の際にも行われることがあります。

不妊治療法3人工授精

人工授精は事前に男性の精液から運動している成熟精子だけを回収し、妊娠しやすい期間に細いチューブで子宮内に注入する方法です。

痛みはなく、数分間安静にしているだけで終わりです。

勃起不全や射精障害など、男性側に不妊の原因が認められる場合にも行われます。

不妊治療法4腹腔鏡検査

タイミング法、排卵誘発法、人工授精などの一般不妊治療で妊娠しなかった場合は、腹腔鏡検査が行われることもあります。

この検査では、子宮内膜症などの病気が見つかることがあり、検査と同時に子宮内膜症の治療を行うことが出来ます。

不妊治療法5顕微授精

顕微授精は、体外で精子を卵子に注入して授精させます。そして、受精卵を培養して子宮へ戻します。

射出精液中に精子が見られない無精子症の人の場合は、精巣から精子を取り出すことになります。

海外赴任で妊活中駐在妻の不妊治療デメリット

海外赴任中の駐在妻が妊活中に不妊治療するデメリット

海外赴任中の駐在妻が妊活中に不妊治療するデメリットはあるのでしょうか?

日本にいる時と、海外赴任中では状況も環境も違うので不安に思う人もいるはず。

そこで、まずはどんなデメリットがあるのか理解しておきましょう。

  • 海外の病院での不妊治療では日本語が通じない場合もある
  • 海外赴任中、現地の生活からストレスを感じる
  • 海外赴任中の不妊治療では、費用の心配がある

海外の病院での不妊治療では日本語が通じない

日本語が話せる医者がいる病院もありますが細かいニュアンスが伝わらない場合もあります。

不妊治療はただでさえストレスが溜まりますので、想いや感情を理解してもらえない時は辛くなります。

通訳がいる場合もありますが、レベルも様々。

現地で医療を受けたいけれど、言語に不安があるという場合で、現地に日本語が堪能な友人がいる場合は、通訳をお願いしてみるのも1つの方法です。

海外赴任生活からストレスを感じる

海外での生活に慣れていたとしても、日本とは違う国での生活を送る上では、何らかのストレスがあるはず。

食べ物、飲み物、現地の文化、言葉、騒音、気候など、日本と全く同じと言う場所はありませんよね。

その時に、妊活が上手く行かないことに重なって、体調が悪い時や気分が乗らない時は、余計落ち込んだりストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

海外赴任中の不妊治療では費用の心配がある

海外での不妊治療の費用が気になる人もいるでしょう。

日本でも保険外の治療はありますが、海外でも同じです。

検査費、医療費、交通費、薬代…国や治療方法によって変わりますが、事前にリサーチして夫婦で話し合う必要があるでしょう。

海外赴任で妊活中駐在妻の不妊治療メリット

海外赴任中の駐在妻が妊活中に不妊治療するメリット

海外赴任中の不妊治療にはメリットもあります。

例えば、このようなことです。

  • 環境を変えて気持ちもリフレッシュすることができる
  • 海外では、より妊娠しやすい赴任治療を受けられる場合もある
  • 不妊治療の費用が保険適用になる場合もある

環境を変えて気持ちもリフレッシュできる

海外では日本とはまた違う環境で治療を受けることになります。

そのため、妊活に対する気分や気持ちも変わるでしょう。

妊娠に対するストレスが軽減されることもあるかもしれません。

また、不妊治療への考え方も国によって違います。

日本では知らなかった妊活方法や不妊治療方法が耳に入ることもあるでしょう。

妊娠しやすい赴任治療を受けられる場合もある

例えばアメリカでは、タイミング法より体外受精や代理出産、第三者からの卵子を使った方法など、より早く妊娠しやすい治療方法が勧められることがあります。

日本の医療レベルが低いわけではありませんが、日本では「出来るだけ自然妊娠で、薬の使用はできるだけ避ける」傾向にあります。

自然療法は悪いことではありませんが、長い間治療に時間をかけていくうちに、年齢とともに妊娠できる卵子も少なくなってしまう懸念もあります。

また、中国では漢方を積極的に取り入れ子宮や卵巣を温めることを勧められます。

それは、不妊の大きな原因の1つが「冷え」だと考えられているからです。

自然妊娠よりより確実に早く妊娠する方法を選んでいきたいという場合は、海外での治療方法を試してみても良いかもしれませんね。

あなたに合う方法が見つかるかもしれません。

不妊治療の費用が保険適用になる場合もある

各国で条件は変わりますが、不妊治療にかかる費用は保険適用となるケースがあります。

日本では基本的には不妊治療費は高額であったり、自己負担になります。

そのため海外で治療を受けた方が安くなる場合もあるのです。

こちらについては、加入している保険会社に問い合わせが必要です。

妊活中駐在妻が海外赴任の不妊治療に悩んだら

海外赴任中の駐在妻が妊活中に不妊治療するか悩んだ時の考え方

海外赴任先での不妊治療に切り替える

「夫婦はいつも近くにいるべき」「ご主人と海外で不妊治療を考えてみたい」という場合は、海外赴任先での不妊治療についての情報集めを始めてみましょう。

インターネットで検索すれば、現地で不妊治療を体験してした人のブログが存在するかもしれません。

また、現地の日系病院や産婦人科に連絡すると有益な情報を得られる可能性もあります。

まずは幅広く、情報集めをするところから始めてみて下さいね。

日本一時帰国中の不妊治療を継続する

もし日本で不妊治療をしている場合は、そのまま継続するのも1つの方法です。

日本に住む場所や働く場所がある場合や、日本での不妊治療を継続したい場合、今のまま海外に行くのは不安に思う場合は、日本に残って納得するまで治療を

受けるのも良いでしょう。

海外赴任中のご主人の元には、落ち着いてから行く事も選択肢の1つですよ。

あなたにとってベストな方法を、考えてみて下さいね。

一時帰国に日本で不妊治療に通う

一時帰国の際に、日本の産婦人科の不妊治療に通うことも可能でしょう。

これは、現実的な選択肢かもしれません。

海外への出発前に出来るだけ多く採卵して凍結受精卵にし、一時帰国のタイミングで移植する方法もあります。

海外赴任していても年に何回かは一時帰国のチャンスがあると思います。

奥さんだけ一時帰国して産婦人科に通う方法もあります。

夫婦で話し合って、出来るだけ負担の無い自分たちに合う方法を探していきましょう。

妊活中の夫婦が飲める葉酸サプリメントを飲む

不妊治療と合わせて、妊娠前や妊娠中に飲むと良いとされている葉酸サプリを持っていく方法もあります。

例えば、夫婦で飲める妊活葉酸サプリメントmakana(マカナ)は、妊娠体質を作る為の栄養素がぎっしり詰まっているサプリメントなので、栄養が偏りがちな海外での妊活にもおすすめです。

  • 50種類以上の栄養成分が詰まっている
  • 妊活専門の管理栄養士が作ったもの
  • 妊娠前から必要な葉酸が400μg配合されている
  • 男性の妊活に必要な成分も配合されている

 

海外赴任中は、食生活が乱れたり、栄養素が不足することもありますが、妊活葉酸サプリを活用すれば、妊娠に足りない栄養素を補いやすくなります。

海外生活で不足しがちな栄養を、夫婦で飲める妊活サプリメントmakana(マカナ)で補いつつ、妊活や不妊治療に向けて、前向きに考えていきましょう。

※公式サイトからは、お得な価格で購入可能です。

-海外赴任中の生活

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.