Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任先の家探し方法の流れとポイント

更新日:

「海外赴任先での家探し、どうしよう」
「海外で家を借りる時は、何に気を付けるべき?」

海外赴任が決まった後、現地での住宅選びについて、分からないことは多くありますよね。

赴任期間中、住む家に対して慎重になってしまう人も多くいると思います。

家に対して、こだわりがある人もいるでしょう。

日本と海外では、住宅に関しても異なる部分も多くあります。

しかし、海外赴任先で満足できる住宅を見つけた人も多くいます。

それは、情報収集をきちんとしたり、優先順位をつけていたからです。

そこで、この記事では、海外での家探しの方法や、海外赴任先で家を探すときのポイントについてお伝えしたいと思います。

海外赴任で現地の家探しをする方の不安要素

海外赴任・海外駐在の家探し|家探しが不安になる理由

赴任先の国にもよりますが、駐在員として海外赴任する場合は、生活環境が整っているエリアに住む事が多いと言えます。

なお、前任者が住んでいた家にそのまま住む場合もあれば、自分で家探しをする場合もあります。

しかし、海外赴任の家探しでは、不安に思うことも色々ありますよね。

例えばこのようなことについて、不安に思いませんか?

  • 海外赴任先の家をどうやって探すのが正解か分からない
  • 日本人の住んでいるエリアがあるのか分からない

海外赴任先の家の探し方が分からない

初めて行く海外の場合は、家をどうやって探せば良いのか分からない人もいるでしょう。

日本語が通じるのか、家の環境はどうなのか、不動産屋さんにはどう連絡をすれば良いのか、分からないことだらけだと不安に思いますよね。

日本人の住んでいるエリアが分からない

日本人の住んでいるエリアがあるのか分からない場合も、不安になりますよね。

現地についての情報が分からない場合は、ガイドブックを見たり、会社の人事や不動産屋さんに聞くようにしましょう。

日本人が、多く駐在している国や都市あれば、そのエリアの中に日本人や外国人が多く住んでいる場合が多いでしょう。

他には、海外駐在中の人のブログから、情報を得る方法もあります。

海外赴任に伴う家探し前に会社に確認すること

海外赴任・海外駐在の家探し|会社に事前に確認する内容

次に、海外赴任先の家探しでは、下記の内容を会社の人事や総務に確認しておきましょう。

  • 海外赴任先でいつ下見をして契約するか
  • 家賃やエリアや利用する不動産屋に指定はあるか
  • 海外赴任先の人事や総務は家探しを手伝ってくれるか
  • 海外赴任先の地域に日本人が住んでいるエリアはあるか?

海外赴任先でいつ下見をして契約するか

会社の人事、総務には、不動産を決めるにあたって、いつ下見をして契約できるのか確認しましょう。

「海外赴任前に、数日間行って決める」「海外赴任後にホテルに宿泊しながら決める」など、下見について確認しておくと安心です。

会社や、赴任先によって、考え方や対応方法は違う場合があるので、必ず事前確認しておきましょう。

家賃やエリアや不動産屋に指定はあるか

赴任先によって、予算や、住むエリアが決まっている場合があります。

あなたが、現地の不動産屋さんを使って探す場合は、必ず家賃の予算や、エリアについて会社に事前確認しておきましょう。

特に、海外赴任の場合は、家賃は会社負担のところが多くあるので、確認が必須です。

また、会社指定の不動産屋がある場合もあります。

その場合は、会社の人事から不動産屋の担当者を紹介されることになるでしょう。

人事や総務は家探しを手伝ってくれるか

海外現地では、日本語や英語が通じないこともあります。

会社によっては、現地の人事や総務が家探しを手伝ってくれる場合もあります。

どこまでサポートしてもらえるのかを、確認しておけると良いでしょう。

海外赴任先に日本人が住んでいるエリアはあるか

現地の不動産屋には「現地日本人が住んでいるエリアがあるか?」質問すると良いでしょう。

もし日本人が住んでいるエリアがあれば、そこには日系のスーパー、日本人学校があったり、日本人のコミュニティがある可能性が高いはず。

もし、海外生活に不安を感じている場合は、日本人が多く住んでいるところを優先的に考えても良いかもしれません。

国によっては、日本人を含む外国人が住むのに安全なエリアがある場合もあります。

住むエリアによって、その土地での生活も変わりますので、情報収集をしておくと安心ですね。

海外赴任時に現地で家探しをする方法と流れ

海外赴任・海外駐在の家探し|海外で家を探す方法

海外赴任先で、家を探す方法は様々です。

会社や赴任先よっても違いますので、自分達の場合はどうなるか、人事や総務に確認するようにして下さいね。

  1. 赴任者(ご主人)が海外赴任現地に渡航し、ホテル暮らしをしながら家を探す方法
  2. 赴任者や帯同家族が一緒に渡航し、ホテル暮らしをしながら一緒に家探しをする方法
  3. 会社の人事に決めてもらう方法
  4. 前任者の家をそのまま借りる方法

夫がホテルで暮らしながら家探し

ご主人が、先に海外赴任をして、ホテル暮らしをしながら家を探す場合もあります。

学校の関係なので、家族が一緒に渡航できない場合も、ご主人1人で家探しをすることになるでしょう。

この場合は、写真などを奥さんに共有して相談していることが多いと思います。

ご主人に探してもらう場合は、妥協できない部分や希望について伝えておくと良いでしょう。

ご主人には、できるだけ多くの写真やビデオ撮ってもらったり、気になる部分のチェックをお願いしましょう。

帯同家族全員でホテルで暮らしながら家探し

家族全員で赴任する場合は、ホテル暮らしや仮住まいをしながら、一緒に家探しをする方法もあります。

なお、アジア圏など、日本から数時間で行ける国の場合は、週末にご主人と奥さんで一緒に家探しをする場合もあります。

赴任先の会社の人事に決めてもらう

会社によっては、人事があなたの家を決めてしまう場合もあります。

この場合は、あなたの要望を聞いてもらえない可能性が高いでしょう。

その場合は、次の引っ越しまで我慢することになりますが、家について問題や悩みがある場合は、人事に相談しても良いでしょう。

前任者の家をそのまま借りる

前任者の家をそのまま引き継いで借りるケースもあります。

「自分で家を決められない」と残念に思う人もいるかもしれません。

しかし直前まで日本人が住んでいた場合は、日本人にとって住みやすい場所である可能性も高いです。

会社に家賃を負担してもらっている場合は、前任者の家をそのまま借りたり、人事の意向が強くなる可能性があります。

海外赴任時の家探しで物件内見する場合の注意

海外赴任・海外駐在の家探し|物件内見時の注意

現地で実際に家を見て確認する(内見する)場合は、下記のポイントをチェックしていきましょう。

なんとなく決めてしまうと、後で後悔するので、最低限のチェックポイントは把握してくださいね。

  • 海外赴任先の家は、安全な場所にあるか
  • トイレ、お風呂、水道、洗濯機などの水回りは大丈夫か
  • 海外赴任先の家は、家族全員が住める広さか
  • 海外赴任先の家は、通勤、買い物しやすい場所にあるか

海外赴任先の家は安全な場所にあるか

その場所が安全な場所か、安全なエリアか、認識することは大切です。

特に、小さなお子様がいる場合は「子育てに向いている場所か」考慮できると良いですね。

海外生活に完璧を求めることは難しいでしょう。

しかし、想定されるトラブルや問題の把握しておくことで、安心して生活できる確率も高くなるでしょう。

窓、階段、エレベーターなど非常時に問題なく脱出できるかも確認しましょう。

トイレやお風呂や洗濯機などの水回り

家を決める上では、水回りも重要ですよね。

トイレ、お風呂、水道、洗濯機などの水回りは大丈夫か、きちんと水が流れることを確認しましょう。

もし問題があれば、契約前にオーナーに修理または交換が可能か交渉するようにしましょう。

引越前に新しい家具や家電を用意してくれる場合もあります。

家族全員が住める広さか

家を決めるときには、家族全員が住める広さであることもチェックすると良いですね。

家の中が綺麗だとしても、狭すぎると息苦しくなります。

逆に、広すぎると掃除が大変になることもあります。

ちょうど良いサイズの家が見つかると嬉しいですよね。

通勤や買い物しやすい場所にあるか

通勤しやすい場所か?等の利便性も重要ですよね。

気になる家を見つけたら「家の付近に何があるのか」チェックしておくと良いでしょう。

複数の物件で悩んだ時も、決めやすくなると思います。

海外赴任時の家探しで物件契約する場合の注意

海外赴任・海外駐在の家探し|物件契約時の注意

あなたが赴任先で家を契約する場合は、このようなことに注意すると良いでしょう。

なお、家を契約する時のルールについては、口約束ではなく紙面上に証拠として残すようにして下さいね。

  • 海外赴任先の家の契約内容
  • 海外赴任先の家の家具や家具や備品
  • 海外赴任先の家のルール

海外赴任先の家の契約内容

契約内容については、口約束ではなく、必ず紙に書いて証拠に残るような形で、記録しておくと良いでしょう。

敷金、礼金の有無、家賃、家賃の支払い方、契約期間なども重要です。

海外現地では日本のルールが通用しないことも多くあります。

家探しをしているときに、悩んでいると他の人に借りられてしまう場合もあります。

期間が決まっている場合は、ある程度の妥協点も考えておくと良いかもしれません。

何を優先すべきか、先に決めておくことで、家探しも進めやすくなるでしょう。

海外赴任先の家の家具や家電や備品

海外では、家具、家電付きの家が多くあります。

家具や家電付きの物件の場合、古い家具や家電は変えてもらえるのか、確認しても良いでしょう。

海外赴任先の家にある備品についても、入居前に、オーナーと一緒にチェックするようにしましょう。

曖昧なままにしてしまうと退去時に「無くなっている備品がある!」と金額を請求されることがあります。

海外赴任先の家のルール

「住んでいてトラブルになった時はどうするか」「途中で引っ越しする場合に発生する金額はあるか」なども、細かいルールも確認するようにしましょう。

他にも、このようなことについて確認しておきましょう。

  • マンションのルール
  • ゴミ捨てのルール
  • インターネットの契約
  • 光熱費の支払い方法
  • ペットや車や子供OKか
  • 他の人を泊めてもOKか
  • 緊急の連絡先

 

あなたが住み始めてから、1〜2ヶ月間は、何らかの問題またはトラブルが起きる可能性を想定しておきましょう。

不動産屋さんやオーナーの連絡先は、忘れずに聞いて下さいね。

海外赴任の家探しでは自分の目で確かめよう

まとめ

海外赴任先での家を探す時には、現地に住んでいる日本人が発信している現地情報が活用できることもあります。

しかし、インターネットの情報だけでは分からないことや見えない部分も多くあるので注意が必要です。

インターネット上の情報はあくまでも参考にして、重要なことや本当に気になる事は現地に行って自分の目で確かめるとベストですね。

限られた時間の中で家探しをする場合は、優先順位や譲れない部分を決めながら動くことで、満足のいく家を探しやすくなるはずです。

素敵な家を見付けて下さいね。

-海外赴任前の準備

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.