Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任前に日本の持ち家を売るメリットと手続き方法

更新日:

海外赴任が決まった後、日本の持ち家を売る人は多くいます。

それは、売却することによって、金銭的なメリットが多くあるからです。

具体的には、このようなメリットがあります。

  • 固定資産税の支払いが無くなる
  • 長期不在の住宅管理にメンテナンス費用をかける必要がなくなる
  • 住宅ローンの返済ができる

 

あなたが海外赴任中に、日本の持ち家を賃貸に出す場合は、税金やメンテナンス費用が発生します。

しかし、海外赴任前に家を手放すことで、住宅ローンの返済もできますし、固定資産税を払う必要も無くなります。

本帰国後に新しい気持ちで生活をスタートすることも可能になるでしょう。

 

「海外赴任前に、家を売る準備をしたり、契約することが面倒…」と考えていても大丈夫です。

不動産会社の一括査定サービスを利用したり、不動産会社に委託することで、あなたの負担は軽減されます。

不動産のプロを頼ることで、入居者への対応も面倒な手続きもフォローしてもらうことができますよ。

そこで、この記事では、あなたが海外赴任前に、日本の持ち家を売却するメリットやデメリットや流れについてご紹介したいと思います。

 

【参考記事】海外赴任時の荷物や引っ越しの悩みについては、他の記事でも紹介しています。

ヤマトの宅配型トランクルーム宅トラは海外赴任の味方

海外赴任で、海外に引っ越しする時には、服や家具、家電など「海外赴任先では使わないかもしれない」と思う物も出てきますよね。 また「今すぐに処分したくない物」「本帰国してから使うかもしれない物」の保管先に ...

海外赴任前に日本の持ち家を売るデメリット

海外赴任が決まった後、あなたが日本の持ち家を売るデメリット

あなたは、日本の持ち家を売ることに抵抗がありますか?

住み慣れた家の場合、手放してしまうことに寂しさを感じてしまう人もいるでしょう。

他にも、このようなデメリットが考えられます。

  • 海外赴任までに、家が売れなかった場合は、手続きが複雑になる
  • 日本一時帰国中に、自分の家に戻ることが出来ない
  • 家具や荷物を移動させる必要がある

海外赴任までに売れないと手続きが複雑になる

海外赴任までに、家が売れなかった場合は、代理人を立てたり、手続きが複雑になります。

また、あなたが「海外転出届」を市町村役場に提出した後は、現地の日本大使館や日本領事館で、印鑑証明書の代わりになる「サイン証明書」を発行する必要があります。

「海外転出届」を提出すると、住民票や印鑑証明書の発行が出来なくなるため、印鑑証明書に変わる「サイン証明書」を用意する必要があるのです。

なお、家が売れなかった場合でも「空き家」することはおすすめしません。

それは、風通しや水通しが悪くなり、家が痛んでしまう懸念があるからです。

そのため、少し面倒かもしれませんが、売れなかった場合は、日本に代理人を立てて売却活動を継続すると良いでしょう。

日本一時帰国中に家に戻ることが出来ない

海外赴任後も、長期休暇等には、日本に一時帰国することになりますよね。

その際、今の持ち家を売ってしまうと、自分の家に戻ることが不可能になります。

しかし、日本一時帰国中に、ホテルに宿泊する場合は、部屋の掃除も不要ですし、リフレッシュやリラックスできるメリットもあります。

一時帰国が決まった場合は、早めにホテルを予約することで、格安料金で宿泊することも可能ですよ。

家具や荷物を家から移動させる必要がある

あなたが、家を売却する場合は、家の中の家具や荷物を移動させる必要があります。

海外赴任前には「断捨離」も兼ねて不用品を処分している人もいます。

それは、海外では、家具が備わっている住宅も多くあるからです。

もし「海外には持っていく事ができないけれど、日本に残しておきたいもの」があれば、レンタルのトランクルームを活用して保管しておくと良いでしょう。

ノムコムの不動産無料査定

海外赴任前に日本の持ち家を売るメリット

海外赴任が決まった後、あなたが日本の持ち家を売るメリット

では、海外赴任が決まった後に、あなたが日本の持ち家を得るメリットについてもチェックしていきましょう。

金銭的なメリットも多くあります。

  • 固定資産税の支払いが無くなる
  • 長期不在の住宅管理にメンテナンス費用をかける必要がなくなる
  • 帰国した際に新しい住まいを考えることが出来る

固定資産税の支払いが無くなる

日本国内に保有している土地、建物に対しては、海外赴任後も、固定資産税が発生します。

しかし、不動産を手放した場合は、固定資産税の支払いが不要になります。

また、住宅ローンが残っている場合は、家を売却することによって、住宅ローンの返済も可能でしょう。

メンテナンス費用をかける必要がなくなる

あなたが、海外赴任した場合に、日本に家を持っている場合は、定期的なメンテナンスを行う必要があります。

家は、定期的に風通し、水通しをしないと、痛んでしまいます。

そのため、長期的に家を留守にする場合は、業者や親戚に頼んで、定期的に家に来てもらう必要があります。

しかし、家を手放した場合は、メンテナンス費用が不要になるので、その分を節約出来ると言えるでしょう。

本帰国した時に新しい家を考えることが可能

海外赴任後、今の場所に必ず戻ってくるとは言えませんよね?

海外赴任後、また別の国に異動する可能性もあるかもしれません。

数年後、あなたや家族の状況も変わっている可能性があります。

せっかく購入した、所持している不動産を売却することは、勇気の要ることかもしれません。

しかし、本帰国が決まった際に、新しい家を探して住むことで、心機一転、新しいスタートを切ることも可能でしょう。

家を売ることで、プラスになることも多くあります。

専門業者から話を聞いたりで見積もりを取ってみることで、知識が深まりますし、あなたにとってベストな決断がしやすくなることは確かでしょう。

ノムコムの不動産無料査定

海外赴任前に日本の持ち家を売るまでの流れ

海外赴任が決まった後、あなたが日本の持ち家を売る場合の流れ

海外赴任が決まった後に「家を売ろうか悩んでいる場合」でも、不動産業者に問い合わせをして情報収集するなど、いつでも売却活動をスタート出来る状態を作ることをおすすめします。

それは、海外赴任中に家を売却する場合は、手続きが複雑になったり、サイン証明書等の追加書類が必要になるからです。

日本にいる間に売却できれば、手続きも楽になりますよ。

情報収集をしなければ、何も始まりません。

なお、あなたが日本の持ち家を売る場合は、このような流れになります。

  1. 不動産会社へ査定を依頼して、不動産会社を決定する
  2. 売却価格を決め、不動産業者へ仲介を依頼する
  3. 購入希望者の内見
  4. 売却条件の交渉や売買契約の締結
  5. 残金の決済や物件の引渡し

不動産会社に日本の持ち家の査定を依頼

海外赴任が決まった後は、不動産会社の一括査定サービスを利用して、家の価格査定を行いましょう。

家を売ろうか悩んでいる場合でも、無料で査定できるので、あなたに不利になることはありません。

忙しい時や時間がない時には、インターネットで不動産会社の一括査定サービスに申し込むと楽ですよ。

選択肢が複数あると、比較検討しやすくなりますよね。

売却価格を決めて不動産業者へ仲介を依頼

査定価格を比べた後は、売却価格を決めて、不動産会社に仲介を依頼することになります。

あなたは「できるだけ高い査定を出してくれた不動産会社を利用したい」と思うかもしれません。

しかし、価格以外にも、不動産会社の対応や契約内容についても、きちんと理解納得してから選ぶことが重要です。

不明なところや納得のいかないところがあれば、必ず質問するようにしましょう。

日本の持ち家に購入希望者が内見に来る

購入希望者が現れた場合は、実際に、あなたの家に内見や見学に来ることになります。

購入予定者の内覧希望は、平日の夕方や夜または週末など、様々です。

出来るだけ対応出来るように、予定を調整しておきましょう。

また、内見前には、家のものを処分しておいたり、掃除しておくことで、広くてきれいな印象を持ってもらえる可能性が高くなります。

早めに不用品を処分したり、トランクルームを活用してくださいね!

海外赴任まで時間は限られているので、購入者に、良い印象持ってもらえるように、出来ることをやりましょう。

家に関する売却条件の交渉や売買契約の締結

購入者が決まった場合は、売却価格や条件をもとに、あなたと買い主の間で、売買契約が締結されます。

売買契約の際には、あなたは買い主から手付金として10%程度の金額を受け取ることになります。

不動産会社からも、売買条件の交渉や売買契約の締結についての説明をしっかり聞いてくださいね。

残金の決済や物件の引渡しと諸手続き

物件を引き渡す前には、物件状況等報告書という書類のもと、引き渡しが行われます。

そして、買い手から残りの金額が振り込まれることになります。

あなたに、住宅ローンが残っている場合は、抵当権抹消の手続きを忘れずに行いましょう。

また、所有者移転の登記の手続きも忘れずに行う必要があります。

海外赴任前に日本の持ち家を売るなら一括査定

海外赴任が決まった後、家を売るか悩んだ時は、情報収集から始めよう

海外赴任が決まった後に、家を売るか悩む人も多くいると思います。

「せっかく買った家を手放すのはもったいない」
「時間があるときにやれば良いかな」

こんな風に考えている人もいるでしょう。

ただ、海外赴任後に「やっぱり不動産を売ろう」と思ったときには、代理人を立てたり、日本領事館や大使館にサイン証明書を取りに行く面倒な手続きが必要になります。

しかし、早めに不動産会社に見積もりを依頼したり、情報収集をしておくことで、焦らずに動いていくことができます。

例えば、不動産会社の一括査定サービスを利用した場合は、多くの不動産会社が登録しているので、売却に強い会社も見つかりやすいですし、情報収集にもなります。

持ち家を持っている場合で「売る、貸す、そのままにする」の選択肢で迷っている場合でも、今から情報収集しておくことで、後々動きやすくなりますよ!

1日でも早く情報収集、準備を始めることで、スムーズな海外赴任を目指しましょう。

 

\ 今すぐ不動産の無料査定が出来る /

ノムコムの不動産無料査定

-海外赴任前の準備

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.