Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任前に歯医者通院が必要な理由と現地歯科探しのコツ

更新日:

「海外赴任前には、日本の歯医者で歯科検診を受けたほうが良い」

「海外赴任後の歯医者探しは、何かと大変」

あなたは、こんな話を聞いたことありませんか?

または、すでに、会社や周りの人から歯医者に行くように勧められていませんか?

 

しかし、どうして海外赴任前に、歯医者に行く必要があるのでしょうか?

海外赴任後に、歯医者に行く場合、何か面倒なことがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、海外赴任前に歯医者に行くべき理由と現地で歯医者を探す方法についてお伝えしたいと思います。

海外赴任前、まだ歯医者に行っていない方は、参考にして下さいね。

 

【参考記事】海外赴任前の健康診断については、他の記事で紹介しています。

海外赴任前に歯医者に行くべき理由

海外赴任前に歯医者に行くべき理由

まず、海外赴任前に、歯医者で歯科検診を受けるべき理由としては、このようなことが挙げられます。

  • 海外と日本では言語や環境、治療方法が違うことがある
  • 海外赴任先によっては、日本語が通じない場合もある
  • 海外赴任先で信頼できる歯医者を探すのは大変
  • 海外旅行保険に加入していても歯科治療費が除外になるケースが多い

海外赴任先によって歯医者の医療事情は違う

海外赴任先によって、歯医者の医療事情や治療方法は違います。

極端な話を挙げると、虫歯だからと言って、すぐ歯を抜かれてしまうこともあります。

また、衛生上の問題で治療に対して気になる場合もありますよね。

そのため、もし現時点で治療が必要な歯があれば、海外赴任前に歯医者に行って治療しておく方が安心だと言えるでしょう。

海外赴任先の歯医者に日本語が通じない

日本人が多いエリアに赴任する場合は、日本人向けの歯医者がある可能性もあります。

しかし、日本人向けや外国人向けの歯医者の料金は日本より高めです。

あなたが現地の言葉を多少理解できる場合は、ローカルの歯医者に行くこともあるかもしれません。

その場合も、歯科治療では専門用語を使って説明されることが多く、不安になったり意思疎通に問題が起きることを理解しておきましょう。

海外赴任先で信頼できる歯医者探しは大変

海外に赴任してから信頼できる歯医者を探すのは簡単なことではありません。

また、人気のある歯医者は予約しにくい場合があります。

また、予約も現地の言葉で行わないといけないので、赴任してから言葉を取得するまではストレスに感じる方もいると思います。

歯科治療費が除外になるケースが多い

海外赴任する際に、海外旅行保険や海外駐在員保険に加入する方も多いでしょう。

例えば交通事故やカゼ、下痢や盲腸などで治療したり、入院したり、手術を受けた場合などに保険金が下ります。

しかし、歯の治療は海外保険の適用外になる場合がほとんどです。

それは、虫歯や親しらずなどは、発症が予測できる持病と考えられ、事前に日本での治療が可能であるとされているためです。

事故などで歯が折れた場合などは、歯科治療に保険を適用してくれる保険会社もあるようです。

しかし、一般的に歯科治療に海外保険は適用されないという認識でいると良いでしょう。

歯科治療費を保険会社に請求する手間がある

海外では歯科治療の際、日本の保険証を使用することが出来ません。そして海外保険も適用されません。

しかし、日本で社会保険や国民健康保険に加入している場合は、海外療養費の請求を行うことが出来ます。

申請期間は、治療費を支払った日の翌日から起算して2年間です。

診療内容明細書(日本語訳も必要)、領収明細書、領収書などの書類提出が必要になりますが、歯科治療の費用の一部が還付されます。

なお、請求後に支払われる金額は、あなたが支払った全額ではありません。

日本で同じ治療を受けた場合にかかる費用に換算され、そこから自己負担分を差し引いた金額になります。

しかし、どのような場合でも事後請求になるため、まずは実費で支払いをする必要があります。

歯科治療費の請求については、あなたが日本で加入している保険会社、または国民健康保険に問い合わせをして下さいね。



海外赴任前に現地の歯医者を探す方法

海外赴任前に現地の歯医者を探す方法

出来るだけ海外赴任前に、歯医者に行くことをおすすめしますが、現地での歯医者や、歯科事情についても事前にリサーチしておくと安心でしょう。

海外赴任現地の歯医者を調べる方法は、3つあります。

  • インターネットで調べる
  • 保険会社に問い合わせをする
  • 会社の人事や同僚に聞く

インターネットで海外赴任先の歯医者を調べる

1つ目は、インターネットで調べる方法です。

日本人が多い都市には、日系デンタルクリニックがある場合があります。

また、英語が通じるデンタルクリニックもあります。

海外赴任先の歯医者は、すぐには行かないかもしれませんが、何かあった時のために、調べておくと安心出来ると思いますよ。

海外旅行保険会社や現地の日本人に聞く

海外旅行保険に加入した場合は、加盟している保険会社や会社に問い合わせをすることで、情報を教えてもらうことができます。

他にも、日本人の現地赴任者に聞けば、現地の最新情報や、口コミなど教えてもらえるかもしれません。

あなたも、日本人が利用している歯医者であれば、情報があるので安心して行けますよね。

海外赴任前に歯医者に行く以外にすべきこと

海外赴任前に歯医者に行く以外にすべきこと

海外赴任前に「あなたが歯医者で歯科検診を受ける以外にすべきこと」もご紹介しますね。

それは、普段からのデンタルケアです。

日本にいるうちに、歯ブラシや歯磨き粉を新調したり、ホワイトニングをしても良いでしょう。

特に海外生活では、日本の製品が高価だったり手に入りにくくなるので、今のうちに揃えておいて下さいね!

海外赴任前に歯ブラシや歯磨き粉を新調する

海外でも歯ブラシ、歯磨き粉、歯間ブラシは手に入りますが、安全安心な物を使用したい場合は、日本で購入して持参することをオススメします。

歯は日ごろのケアが大切です。

一時帰国の際に歯医者に行く以外にも、デンタルケアアイテムも活用して、虫歯を防ぐことも良いでしょう。

なお、電動歯ブラシを利用する場合は、日本と、赴任先の電圧が同じかチェックしてみてください。

必要に応じて変圧器も持参しましょう。

マウスウォッシュを購入しておく

歯のデンタルケアに関して歯磨きの他何をしていいのか分からないという人は、マウスウォッシュもおすすめ。

歯磨きの他に、歯周病ケアを行っておくことで、歯のトラブルも防ぎやすくなるでしょう。


あなたに合うホワイトニング方法を見つける

あなたは、ホワイトニングが、自宅でもできることをご存知ですか?

今は、自宅でホワイトニングできる商品もありますので、歯の黄ばみが気になる方は購入すると良いでしょう。

例えば、@コスメでも1位を獲得した研磨剤ゼロのリュミエールブランネージュであれば、海外渡航後も安心してホワイトニングすることが出来ます。

多くのモデルや芸能人も使用しているので、もしかしたら既に聞いたことがあるかもしれません。

1回使って満足できなければ、継続購入の必要はないので、1度試してみることをおすすめします。

海外赴任前に、あなたに合うホワイトニング方法を見つけて下さいね!

海外赴任前の歯医者は口コミサイトで探そう

まとめ

海外赴任前は、健康診断に行ったり、荷物の整理をしたり、バタバタしてしまうかもしれません。

しかし、歯の治療は、数回にわたって必要になる場合もあるので、できるだけ早くに検診や治療に行くことをおすすめします。

その上では、歯科の口コミ投稿や閲覧が可能なポータルサイトで、安心出来る歯医者を見つけると良いでしょう。

なお、虫歯が複数あった場合、治療のために何日か通う必要があります。

海外赴任前や一時帰国中に歯医者に行く場合は、「いつまで日本にいるのか、いつまでに治療を完了させないといけないのか」歯科医院に伝えることも忘れないで下さいね。

計画的に準備をして、海外赴任のスタートを切りましょう。



-海外赴任前の準備

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.