Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任前に車を一時抹消登録すると税金対策が可能

更新日:

海外赴任前、あなたは日本で所有している車の税金対策をしましたか?

長期間、日本にいない場合、車を売る、車を貸す、車を廃車にする、車をそのままにする等、選択肢としては、大きく分けて4つあるでしょう。

ただ、車をそのまま保有する場合に気を付けて欲しいことは、税金です。

日本で車に乗らないのに、自動車税を払い続けるのは、なんとなく勿体無いと思いませんか?

しかし、海外滞在中は勿論、日本で車に乗らない期間がある場合は、一時抹消登録をするだけで自動車税を払う必要が不要になります。

そこで今回は車の一時抹消登録手続きについて、お伝えしたいと思います。

海外赴任前に車を一時抹消登録することは可能

海外赴任前に車を一時抹消登録することが可能

海外赴任前など、長い間、車に乗らない場合は、一時抹消登録をすることが可能です。

一時抹消登録とは、普通自動車や軽自動車などを一時的に乗らなくなった際に行う廃車手続きになります。

ただ、廃車手続きと言っても、書類上の話なので、車はそのまま保管しておくことが可能です。

なお、軽自動車の場合は、自動車検査証返納届の手続きを行うことになります。

海外赴任前等、しばらく乗らないけれど、また乗ることがあるかもしれない車に対して検討している人は、一時抹消登録をおすすめします。

なお、一時抹消登録は、海外赴任中に限らず、病気療養中や車を複数台持っている場合などにも検討すると良いでしょう。

海外赴任前に車を一時抹消登録するデメリット

海外赴任中に車を一時抹消登録するデメリット

海外赴任中に、あなたが車を一時抹消登録手続きすることによって、いくつかデメリットがあります。

例えばこのようなことです。

  • ナンバープレートが無いので公道を走れない
  • 1度払った重量税が無駄になる
  • 本帰国後の再登録では車検を行う必要がある

ナンバープレートを取り外すと公道を走れない

一時抹消登録をするとナンバープレートを取り外すので、公道を走ることが出来なくなります。

そのため、一時帰国時など、数日間だけ車を使用したい場合には、レンタカーなどを使うことになるでしょう。

頻繁に一時帰国する場合は、不便さを感じるかもしれません。

1度払った自動車重量税は戻らない

自動車重量税とは、車の新規登録時と車検時にまとめて支払う税金になります。

一時抹消登録をしても、自動車の新規登録と車検時に、車検証の有効期間分をまとめて支払う自動車重量税は、返金されないので注意してくださいね。

本帰国後の再登録は車検の必要がある

日本に本帰国してから再度、車を登録する場合は、車検を行い、重量税と自動車税を支払い、ナンバープレートを発行することになります。

二度手間に感じるかもしれませんが、海外赴任中の不在期間の税金は車関係の節約可能です。

海外赴任前に車を一時抹消登録するメリット

海外赴任中に車を一時抹消登録するメリット

では、海外赴任中に車を一時抹消登録するメリットについてもチェックしていきましょう。

具体的には、下記のようなメリットがあります。

  • 車の一時抹消登録手数料は安い
  • 海外赴任中の車の税金対策になる
  • 本帰国後に車を再登録することが可能

車の一時抹消登録手数料が安い

車の一時抹消登録は、意外と安く設定されています。

運輸支局で一時抹消を行う際に必要な手数料は、350円です。

海外赴任中の車の税金対策が可能

あなたが車に乗らない場合でも、車を所有しているだけで、複数の税金や保険代が発生します。

しかし、車の一時抹消登録をすると、乗らない車の自動車税や保険代の支払いが不要になります。

帰国後に再度車検を行う場合は手間になりますが、税金や節約のことを考えると抹消登録にもメリットを感じますよね。

自動車税 ( 都道府県税 )/毎年
自動車重量税 ( 国税 )/車検時
自動車保険 ( 任意保険・自賠責保険 )

 

本帰国後に車を再登録することが可能

あなたが本帰国後等には、再登録することも可能です。

再登録する場合は、重量税と自動車税を支払い、ナンバープレートも新しいものを使うことになります。

その時は、一時抹消登録を行った際に発行される一時抹消登録証明書 を使うことになるので、書類関係は大切に保管してくださいね。

海外赴任前に車を一時抹消登録する手続き方法

海外赴任前に車を一時抹消登録する手続き方法

海外赴任前に車を一時抹消登録する時の手続き方法はとても簡単です。

  • 車の一時抹消登録が出来るかを確認する
  • 車の一時抹消登録に必要なものを用意する
  • 管轄の運輸支局で手続きを行う

車の一時抹消登録が可能か確認する

車にローンが無いか、自動車を保管する場所があるか、一時抹消登録を行う場合は確認が必要です。

もしローンが残っている場合、一時抹消登録することが出来ないので注意してくださいね。

また、海外赴任前にマンションを退去する場合は、駐車場を探す必要があります。

車の一時抹消登録に必要な物を用意する

車の一時抹消登録には、下記の書類が必要です。

印鑑証明は、海外転出届を市町村役場に提出する前に発行しておきましょう。

  • 所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
  • 所有者の委任状(所有者の実印の押印があるもの)
  • 車検証
  • ナンバープレート(前後面の2枚)
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

車のナンバープレートを外す

車の一時抹消登録には、ナンバープレートを車から外す必要があります。

なお、ナンバープレートを自分で外すことは基本的には違反になります。

そのため、解体業者や整備工場などの業者に依頼をして、ナンバープレートを外してもらいましょう。

管轄の運輸支局に行く

必要書類とナンバープレートがが揃ったら、一時抹消を行う運輸支局に行きましょう。

なお、受付は平日のみとなります。

海外赴任前に車を一時抹消登録するか悩む時は

海外赴任前の車の抹消登録に悩んだ時のポイント

あなたが海外赴任前の車の抹消登録に悩んだ場合は、このようなポイントで考えてみましょう。

  • どれぐらいの期間、海外に行くのか?
  • 日本に帰国した際に、その車に乗る可能性は高いのか?
  • どうしても手放したくない車か?

 

海外現地に車を持っていく方法、車を売却するという方法もあります。

車を日本に置いておくと駐車場代が発生したり、メンテナンス費用が発生します。

しかし、3年以上長く海外にいる場合や、帰国時期が未定という場合は、車を売却した方が良いケースもあります。

 

最近は、携帯から写真を送るだけで簡単、車の無料査定サービスもあります。

例えば、大手DMM.comのDMMAUTOは、携帯電話から写真を送るだけで査定結果を受け取ることが可能です。

パソコンから連絡したい場合は、ハイシャルがおすすめです。

どちらも無料で簡単に査定できるので、車について考える時に役立つ情報がゲット出来ますよ。

一時抹消登録の検討と合わせて、車の無料査定サービスも利用してみて下さいね。

-海外赴任前の準備
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.