Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任からの日本帰国

海外赴任先から日本に車を持ち帰る方法

更新日:

「海外赴任先から日本に車を持ち帰りたい」
「海外から日本に車を運びたい」

海外赴任先から日本に本帰国が決まった時、日本に自家用車を運ぶことを考える人も多くいます。

しかし、海外から日本に車を持ち帰る場合、どのような手続きが必要になるのでしょうか?

面倒な手続きをイメージしがちですが、実際はどうなのでしょうか?

そこで、今回は海外から車を持ち帰る場合の手続きや経費、流れについてご紹介します。

海外から日本に車を持ち帰る時の流れ

海外から日本に自家用車を運ぶ流れ

まずは、海外から日本に自家用車を運ぶ流れについて確認してみましょう。

ざっくりとご紹介すると、このような流れになります。

  1. 業者に依頼して、車を引き渡しする
  2. 海外現地税関への通関申請
  3. 郵送の船を予約
  4. 船に積んで、出港入港
  5. 日本税関の通関申請と検査
  6. 港から整備工場への郵送と車両改善
  7. ナンバー交付と登録
  8. 車を引き取り

 

もし日本に持ち帰りたい場合は、一般の荷物同様、輸入申告手続きをする必要があります。

なお、自動車を日本に運んだ場合は、通関申請と検査や整備工場などのチェックで、道路運送車両法や排ガス規制法の基準を満たしていると判断されないと、利用出来ないので注意が必要です。

海外仕様のまま日本に運んだ場合は、改良や修理が必要になる可能性もあるので理解しておきましょう。

海外から日本に車を持ち帰る時の税関提出書類

海外から日本に車を運ぶ時に税関で必要な書類

海外から日本に車を運ぶ時に、税関で必要な書類は、こちらになります。

  1. 別送品申告書(帰国時に空港で記入)
  2. パスポート
  3. 購入時の価格を証明できるもの
  4. 自動車などの引越荷物免税申請書3通
  5. 海外赴任地での車の登録書(使用済みであることを証明する書類)

 

税関で通関手続きをする場合は、自動車の登録証をもとに、自動車の年式や車台番号などが確認されます。

この時、免税の手続きをするためには、新車でないことの証明が必要になります。

新車の場合や、海外で登録されていなかった等の理由で、免税措置が受けられない場合は、日本国内で課税される場合もあるので注意が必要です。



海外から日本に車を持ち帰る時の費用

海外から日本に車を持ち帰る時の費用

海外赴任先から日本に車を持ち帰る時の費用についても、チェックしましょう。

赴任先の国や車の大きさ、状態によって費用が変わりますので、大体の金額をご紹介しますね。

海外から日本に車を持ち込む場合は、車を船に乗せて運ぶだけで、20~30万円程度必要になります。

国によっては更に安い場合、高くなる場合もあります。

なお、日本に到着した後の通関費用は、10~15万円程度と考えておくと良いでしょう。

その他、日本で車両登録や検査、点検が行われます。

日本国内ではエンジン検査などを通して、日本国内で走ることが出来るか判断されます。

車の状態や海外赴任地によって発生する費用は違うので、信頼できる業者に1度見積もりをとることをオススメします。

海外から日本に車を持ち帰る時の注意

海外から日本に車を運ぶ時に注意したいこと

日本で免税手続きをする時の条件

免税する場合は、輸入許可日から2年間転売や譲渡を行わないことが条件になります。

車の免税で必要な書類はこちらです。

  • 住民票
  • 外国での車の車検証
  • 購入時の価格を証明するもの
  • パスポート
  • 別送品申告書(帰国時、税関提出書類に<自動車>と必ず記入すること)

日本ではナンバープレートが必要

日本では、日本のナンバープレートが必要になります。

日本でナンバープレートを取得する場合は、日本国内で車を購入した場合と同じ費用がかかります。

日本では陸運局の検査が必要

日本では、排ガス規制措置や道路交通法の保安基準をクリアできる状態で、陸運局の検査を受けることになります。

そのため、あなたが日本で車の整備工場を選ぶ場合は、信頼できる整備工場を選ぶと良いでしょう。

海外から日本に車を持ち帰る時の業者依頼

海外から日本に車を持ち帰るなら業者に依頼を

個人で車を運んだり、輸入する場合は、手続きに手間だけではなく費用も掛かります。

日本に持ち込んだ場合でも、修理や点検をクリアしなければ、走ることが出来ません。

このように考えると、海外から日本に車を運ぶ場合は、専門業者に依頼するのがスムーズで確実と言えるでしょう。

情報が無い場合は、物流会社や引っ越し会社に、車を日本に持ち帰りたいと相談した場合、信頼できる業者を教えてくれるはずです。

場合によっては日本で中古車や新車を買った方が安いケースもあります。

海外から日本に運搬する費用の見積もりを出しながら、あなたにとってベストな方法を探してみてくださいね!



-海外赴任からの日本帰国

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.