Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任からの日本帰国

本帰国前に銀行口座を解約する手続き方法と注意

更新日:

本帰国が決まった後、海外現地の銀行口座の解約に行く必要があります。

海外で働いている時の給与の残高が多く残っている人も多いでしょう。

しかし、日本に戻ってATM等で引き出そうと思っても、1度に全額引き出せなかったり、1年間で引き出しできる金額に限度があるので面倒ですよね。

また、その時のレートによっては損することもあります。

そこで、今回は、海外から帰国する際に、海外の銀行口座はどうすれば良いのか?送金はどうすべきか?いくつかの方法をご紹介したいと思います。

 

【人気記事】本帰国後の就職活動については、こちらの記事が人気です。

本帰国後の仕事
本帰国後就職活動で働く仕事や職場を探すコツ

「本帰国後、仕事をしたいけれど就職活動に成功できるか分からない」 「本帰国後の仕事について、いつから考えれば良いのか分からない」 こんな風に本帰国後の仕事について、悩む人は多くいます。 あなたも、本帰 ...

本帰国時に海外の銀行口座を解約する方法

本帰国時に銀行口座を解約する方法

本帰国時に銀行口座を解約する方法は2つあります。

  • 海外赴任先現地で解約する場合
  • 海外からの本帰国後に解約する場合

海外赴任先現地で解約する場合

海外の銀行口座を解約する場合、1番楽な方法は銀行の窓口に行って解約したい旨を伝える方法です。

銀行の窓口では、解約に必要書類や手続き方法を聞くことが可能です。

なお、残高の引き落とし方法や日本での送金方法についても、窓口で聞くことが可能でしょう。

もし現地の言葉に問題がある場合は、日本語のサポートディスクに連絡をしたり、通訳可能な人一緒に来てもらうと良いでしょう。

海外赴任先からの本帰国後に解約する場合

本帰国後に海外の銀行口座を解約する場合は、日本から海外現地の銀行に必要書類を送ったり、代理人申請をすることになります。

ただし銀行によって方法が変わりますので、必ず直接現地の銀行に確認してください。

銀行によっては、現地窓口でしか対応してくれない手続きもあります。

本帰国後に解約したいと考えている場合でも、1度銀行の窓口に行って手続きの流れを聞いておくと安心でしょう。

本帰国で海外の銀行口座の残高をどうするか

本帰国で海外の銀行口座の残高をどうするか

残高の扱いにおいては、様々な方法があります。

  • 口座をそのままにして解約を先延ばしにする
  • 現地通貨のまま日本の口座に送金する
  • 日本円にして日本の口座に送金する
  • 現地通貨で引き出して日本円に両替する

 

なお、複数の選択肢のうち、赴任している国や使っている銀行によっては、対応してもらえない手続き方法もあります。

1番確実な方法は、窓口で対応可能か聞くことです。

なお、1日に引き出す金額、送金できる金額が決まっている場合があります。

では、それぞれにどのようなメリットがあるのか確認していきましょう。

口座をそのままにして解約を先延ばしにする

家族がまだ現地に残る場合や、数カ月以内に旅行などでその国を再訪する予定がある人もいますよね。

海外赴任先を再訪する予定がある場合は、口座を解約せずにそのままにしておくことも可能でしょう。

ただし、注意しなければいけないのは、長い間使用していない場合、銀行口座が凍結される可能性もあるということです。

また、海外赴任現地に大金を残しておくことに、不安になる方もいると思います。

銀行によっては、本帰国の際は必ず解約するように決められているところもあります。

そこで、そのままにする場合でも、1度銀行の窓口でルールを確認することをおすすめします。

現地通貨のまま日本の口座に送金する

現地通貨のまま、日本の口座に送金する場合は、日本に外貨の口座があることが、必要になります。

事前に日本の銀行の口座に外貨の振り込みが可能なのか確認しておきましょう。

なお、海外送金において、出来るだけ得をしたい場合は、受取手数料が0円の新生銀行です。

ただ、新生銀行の口座開設には、マイナンバーが必要になります。

そのため、日本に戻った時に住民票を戻してマイナンバーを発行するか、日本にいる家族に代わりに口座を開設してもらうことも検討すると良いでしょう。

なお外貨預金を扱っている銀行は、限られているので注意が必要です。

これから送金する銀行を考える場合は、新生銀行での手続きを検討して下さいね。

日本円にして日本の口座に送金する

現在のレートが良い場合は日本円にして、日本の口座に送金しても良いでしょう。

ただし1度に送金できる金額が決まっている場合もあります。

また手数料も発生する可能性があります。

事前にどれぐらいの費用がかかるのか、いくら送金できるのか確認しておきましょう。

この場合も、海外送金の受取手数料が0円の新生銀行の利用をおすすめします。

現地通貨で引き出して日本円に両替する

残高が少ない場合は現地通貨で引き出して、現地または日本で日本円に両替する選択肢もアリでしょう。

しかし、海外赴任先から日本まで、現金を持ち歩くことは、とても危険です。

また出国の際や入国の際に、課税されたり、持参出来る現金にも限度がある危険もあります。

もし、海外赴任先の口座に残高が多い場合は違う選択肢と併用していくと良いでしょう。

本帰国で銀行口座とクレジットカードの注意点

本帰国で銀行口座とクレジットカードも注意を

あなたの本帰国後に海外赴任先で契約したクレジットカードの引き落としが予定されている場合は注意が必要です。

帰国後に銀行口座からクレジットカードの引き落としが行われる場合は、最終引き落とし後に、口座を解約するようにしましょう。

1つの選択肢としては、海外赴任先を再訪して、銀行口座を解約する方法もあります。

その場合は、本帰国してからマイナンバーを発行して、新生銀行で口座を開設すると良いでしょう。

本帰国で銀行口座の解約時の味方は新生銀行

本帰国で銀行口座の解約時の味方は新生銀行

海外赴任している方の中には、レートが良い時に何度も銀行に行って、日本円に寮買いしている人もいます。

しかし本帰国が決まっている場合は、時間も限られますよね。

そこで、出来るだけ早めに銀行の窓口に行き、送金方法などを確認しておくと良いでしょう。

本のマイナンバーを持っている場合は、今から新生銀行の口座を開設して準備しておくと良いでしょう。

新生銀行は、海外送金の受取手数料が0円なので、他の銀行口座を利用するより、お得に海外送金することが可能ですよ。

【人気記事】本帰国後の就職活動については、こちらの記事が人気です。

本帰国後の仕事
本帰国後就職活動で働く仕事や職場を探すコツ

「本帰国後、仕事をしたいけれど就職活動に成功できるか分からない」 「本帰国後の仕事について、いつから考えれば良いのか分からない」 こんな風に本帰国後の仕事について、悩む人は多くいます。 あなたも、本帰 ...

-海外赴任からの日本帰国
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.