Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任からの日本帰国

海外赴任中に運転免許証の住所変更や失効切替手続きする方法

更新日:

あなたは、海外赴任中や本帰国後の日本の運転免許証手続き方法をご存知ですか?

海外赴任中の一時帰国や本帰国の際に、日本で運転するためには、日本の自動車免許証が必要になります。

しかし、海外赴任中に日本の免許証が失効したり、紛失してしまう場合もありますよね。

また、海外で取得した日本の運転免許証の切替方法をしたい場合もあるでしょう。

そこで今回は、海外赴任中の日本人の運転免許証の手続き方法についてお伝えしますね。

 

【参考記事】海外赴任先での国際免許証については、他の記事で紹介しています。

海外赴任先で車を運転する国際免許証の発行方法

海外赴任する際、現地で運転する予定がある場合は、国際免許証を発行して持参する必要があります。 また、海外赴任先で車を所有する以外に、旅行や出張でレンタカーを借りる場合にも、国際免許証は必要になります。 ...

海外赴任中に運転免許証の更新をする方法

海外赴任中に運転免許証の更新をする方法

運転免許証更新期間に日本に一時帰国する場合

誕生日を前後の1カ月間に設定されている免許証更新期間に日本一時帰国をしている場合は、比較的更新がスムーズに進みます。

あなたが海外赴任中に運転免許証の更新をする場合は、一時滞在先を住所地として免許証の更新を行うことが可能です。

この時に、一時滞在先の住所地と免許証上の住所地が同じ場合は、そのまま更新手続きをすることが可能です。

ただ、一時滞在先の住所地と免許書上の住所地が違う場合は、一時滞在先が実家等であることを証明する郵便物などが必要になります。

なお、代理による更新の申請は出来ません。

運転免許証更新期間に日本に一時帰国しない場合

運転免許証更新期間に日本に一時帰国していない場合は、特例で免許証更新期間前に更新することが可能です。

この場合も、代理による更新の申請は出来ません。

海外赴任中に運転免許証の更新時の必要書類

  • 更新申請届
  • 運転免許証
  • パスポート等、海外赴任中を証明する書類
  • 本人宛の郵便物やそこに滞在していることを証明する書類
  • 申請用写真1枚(縦3.0x横2.4)
  • 印鑑(認印。シャチハタNGの場合もあり。)

海外赴任中に運転免許証の住所変更をする方法

海外赴任中に運転免許証の住所変更をする方法

運転免許証の名前や住所が変更した場合は、住んでいる土地の運転免許センターや警察署で変更届を提出する必要があります。

しかし、海外赴任中には日本の住所が無くなりますよね。

その場合は、一時帰国した際、一時滞在先の実家等を住所として免許証の記載事項変更の届出を行うことになります。

なお、届出を行わなかった場合は、2万円以下の罰金又は科料に処せられることがあるので注意して下さいね。

ちなみに、警察署で住所変更手続きをする場合は、変更先の都道府県の警察署で手続きを行うことになります。

ただし、派出所などでは手続き出来ないので注意してください。

海外赴任中に運転免許証の住所変更の必要書類

  • 運転免許証記載事項変更届
  • パスポート等、変更した内容を証明する書類
  • 運転免許証
  • 本人宛の郵便物やそこに滞在していることを証明する書類
  • 他の都道府県から住所変更する場合は申請用写真1枚(縦3.0x横2.4)
  • 印鑑(認印。シャチハタNGの場合もあり。)

 

申請場所や受付時間、申請に必要な書類の詳細は、変更手続き前に、各都道府県警察の運転免許センターに問い合わせして下さいね。

海外赴任中に運転免許証の失効手続きする方法

海外赴任中に運転免許証の失効手続きをする方法

海外滞在中に日本の運転免許証の有効期限が切れて失効してしまった場合は、条件付きではありますが、適性試験のみで更新することが可能です。

基本的には、免許失効日から6カ月以内で、帰国後1か月以内に更新手続きに行った場合は、技能試験及び学科試験が免除で変更手続きが可能になります。

免許証失効日から6か月以上3年以内の場合には「前回の一時帰国で変更手続きが可能だったのに出来なかった理由」が必要です。

免許証失効日から6か月以上3年以内の場合には、変更手続きを受け付けてもらえない可能性も場合もあります。

なお、免許証失効日から3年以上経過している場合は、試験の一部免除は基本的には認められませんが、条件付きで、技能試験が免除される場合もあります。

海外赴任中に運転免許証の失効時の必要書類

  • 申請届
  • パスポート等、変更した内容を証明する書類
  • 運転免許証
  • 申請用写真1枚(縦3.0x横2.4)
  • 本人宛の郵便物やそこに滞在していることを証明する書類
  • 印鑑(認印。シャチハタNGの場合もあり。)
  • ビザや名刺等海外滞在等の事実を証明出来るもの

海外赴任中に運転免許証の切替手続きする方法

海外赴任後に運転免許証の切替手続きをする方法

知識確認と技能確認免除で切替手続き可能な国

あなたが、下記25か国などに滞在していた場合は、知識確認、技能確認が免除で切替手続きをすることが可能です。

アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国のメリーランド州及びワシントン州、イギリス、イタリア、オーストリア、オーストラリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン王国、チェコ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、ルクセンブルク、スロベニア、モナコ、台湾

 

ただ、有効期限が切れていない海外の運転免許証を持っていて、3か月以上その国に滞在していたことが条件になります。

条件を満たしていれば、運転免許試験所や運転免許センターにて、外国の免許証から日本の免許証に切り替えることが出来ます。

海外赴任後に運転免許証の切替手続きの流れ

  1. 申請書類提出
  2. 適性試験
  3. 交通規則の知識確認
  4. 運転技能の確認(運転免許試験所・運転免許センター内コースを実際に走行)
  5. 日本の運転免許証取得

海外赴任中に運転免許証の切替手続きの注意

海外赴任後に運転免許証の切替手続きの注意

あなたが海外赴任中にパスポートを紛失した時や、日本での日常生活で、運転免許証は大切な身分証明証になります。

また運転免許証については、手続きに行く前に、変更地の運転免許センターや警察署に問い合わせをして必要書類や条件を確認することをおすすめします。

 

【参考記事】海外赴任先での国際免許証については、他の記事で紹介しています。

海外赴任先で車を運転する国際免許証の発行方法

海外赴任する際、現地で運転する予定がある場合は、国際免許証を発行して持参する必要があります。 また、海外赴任先で車を所有する以外に、旅行や出張でレンタカーを借りる場合にも、国際免許証は必要になります。 ...

-海外赴任からの日本帰国
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.