Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外赴任前の準備

海外赴任にペットの犬や猫を連れていく手続き方法

更新日:

長期的な海外赴任が決まり、大切なペットである犬や猫を海外に連れていくか悩む人も多いのではないでしょうか。

「ペットも大切な家族だから、可能な限り一緒に連れていきたい」と考える方も多いと思います。

実際、前もって準備をして、きちんとした手続きを踏めば、海外に大切な犬や猫を連れていくことは可能です。

そこで今回は、海外赴任時にペットの犬や猫を連れて行くときの手続きや注意についてお伝えしたいと思います。

 

【参考記事】海外赴任先から犬や猫を連れて帰る方法については、他の記事で紹介しています。

本帰国でペットの犬や猫を海外から連れて帰る方法

海外でペットの犬や猫などのペットを飼っている場合、本帰国時に日本に連れて帰る方法について悩みますよね。 実は海外から犬や猫を連れて帰る際の手続きは複雑で、時間もかかります。 もし、あなたの犬や猫が、日 ...

海外赴任先にペットを連れていくか決める方法

海外赴任先にペットを連れていくか決める方法

海外赴任が決まった時は、ペットの犬や猫を赴任先に連れていく必要があるか、考えるところから始めましょう。

出来れば、ご家族で話し合えると良いでしょう。

なお、この2点を意識すると、決めやすくなると思いますよ。

  • 日本でペットの犬や猫を預ける場所を考える
  • 海外赴任先にペットの犬や猫をに連れていきたいか考える

海外赴任中に犬や猫を預ける場所を考える

日本の実家や親戚など、ペットを預ける場所はありますか?

もし「ペットを預かりたい」「預かってもOK」という人が周りにいれば、預かってもらうことも選択肢の1つになるでしょう。

海外赴任先に犬や猫を連れていきたいか考える

もし赴任期間が1~2年と短期間である場合や、衛生面で心配な国であれば、日本に置いていくのも1つの方法でしょう。

あなたの赴任先に動物を連れていけるのか?調べておくことも重要です。

なお、海外での生活が落ち着いてから、次の一時帰国時まで保留にする人もいます。

それぞれの飼い主とペットの関係性や家庭事情は違いますので、どの選択肢が正しい、間違っているというものはありません。

あなたやペットにとって、どの選択肢がベストか、ご家族で話し合いをしてみて下さいね。

海外赴任先にペットを連れていく流れ

海外赴任先にペットを連れていく流れ

ペットの犬や猫を海外に連れて行こうと決めた場合の流れは、下記になります。

  • 出国先にペットの犬や猫が入国できるか確認する
  • 動物に関する必要書類を揃える
  • 動物検疫所に連絡して輸出検査申請書を提出する or 動物検疫関連業務に申請する
  • 検疫所で検査及び輸出検査証明書の交付を受ける
  • 輸出時に必要な書類を確認する

海外赴任先の国に犬や猫が入国できるか確認する

まずは、あなたが赴任する国に、犬や猫などのペットが入国できるのか確認が必要です。

日本から出国出来る許可が下りた場合でも、相手国にも入国できる動物なのか確認出来ていないと、ペットを連れていくことが出来ません。

他の国にペットを連れていけるか確認する方法は2つ、日本にある相手国の大使館に連絡する方法、相手国の動物検疫機関に直接確認する方法です。

それぞれの国でペットの犬や猫の入国条件が決められているので確認してください。

そして、問い合わせ時には忘れずに輸入許可申請書を取り寄せて下さいね。

【参考】大使館の連絡先
http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/emblist/index.html

なお、ペットの犬や猫の入国条件には予防接種やマイクロチップの装着などがあります。

また、オーストラリア、フランスなどへ出国する場合は、獣医師家畜防疫官による検査を受け、獣医師に署名してもらう必要があります。

入国する国によって条件が変わるので、直前に焦らないためにも余裕を持って動くことをおすすめします。

ペットの犬や猫に関する必要書類を揃える

日本を出国する時には、ペットの犬や猫に関する必要書類を提出する必要があります。

そして、動物検疫所での検査が必要になります。

審査のための申請は、WEBサイトで可能ですが、その際にこちらの情報が必要になるので用意しておきましょう。

  • 届出者または申請者住所
  • マイクロチップ装着証明書
  • 届出者または申請者 氏名
  • 狂犬病予防接種(ワクチン)証明書(狂犬病 予防接種済証)
  • 犬や猫の名前、生年月日、品種等
  • 採血および狂犬病の抗体値検査結果証明書

輸出検査申請書提出|動物検疫関連業務に申請

ペットの犬や猫日本から出国するためには、動物検疫所に連絡して輸出検査申請書を提出する、または動物検疫関連業務に申請する必要があります。

つまり、出国前に動物検疫所で狂犬病(犬の場合は狂犬病とレプトスピラ症)についての検査及び輸出検疫証明書の交付を受けなければなりません。

動物検疫所では、出国時の輸出検査終了後英文の輸出検疫証明書が発行されます。

出国7日前までに動物検疫所に連絡をして、輸出検査申請書を提出するか、動物検疫関連業務に申請することを忘れずに行ってくださいね。

【参考】動物検疫所
http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/import-index.html

なお、相手国の入国条件によっては、7日前より更に早く連絡が必要になる場合があります。

出来るだけ前もって動物検疫所に連絡しておくと良いでしょう。

検疫所で検査及び輸出検査証明書の交付を受ける

犬や猫を海外に連れていく前には、検疫所で検査及び輸出検査証明書の交付を受ける必要があります。

検疫所での検査は出国当日でも可能ですが、その際に書類が足りないとペットが出国できないこともあります。

書類不備を防ぐために、事前に検査予定の動物検疫所に連絡し、必要書類の下書きをチェックしてもらうと良いでしょう。

また、輸出検疫前に1度動物病院に行くこともオススメします。

輸出検査時に提出された各種証明書等の内容に疑いや誤りがあるときは、輸出検疫証明書が発行できない場合があるので注意が必要です。

犬や猫の輸出時に必要な書類を確認する

ペットの犬や猫の輸出時にはこのような書類が揃っていることになります。

  • 輸出検査申請書 輸出検査申請書
  • 相手国の入国条件で必要となる書類
  • 開業獣医師発行の健康診断書(必要な場合)
  • その他、動物検疫所から指示された書類

 

書類に関して不安なことがあれば、事前に関係機関に問い合わせを行っておきましょう。

海外赴任先にペットを連れていく輸送手段

海外赴任先にペットを連れていく3つの方法

海外赴任にペットの犬や猫を連れていく方法は、3つあります。

  • 貨物として運ぶ
  • 手荷物としてカウンターで預ける
  • 機内に持ち込む

ほとんどの場合は、航空機に乗せてペットの犬や猫を輸送することになります。

飛行機を予約する際は、航空会社に連絡をし、ペットが輸送できるかどうかを必ず確認して下さいね。

またペットを入れるケースも用意しておきましょう。

貸し出しをしてくれる可能性もありますが、今後の為にも1つ持っておくと便利でしょう。

なお、LCCではペットの預かりサービスを行っていないことがあるので注意して下さい。

海外赴任先にペットを連れていく時の注意

海外赴任先にペットを連れていく時の注意

海外赴任に犬や猫のペットを連れていく前には、下記3つのことに注意すると良いでしょう。

  • ペットに関する情報集めは余裕を持って1~2ヵ月前から始める
  • 動物検疫所に行く前に必ず動物病院に行く
  • 必要書類の確認は念入りに行う

 

手続きが複雑だったり、時間がかかる場合もありますので、余裕を持って調べたり動くとベストです。

情報集めは余裕を持って1~2ヵ月前から始める

海外赴任時に、ペットの犬や猫を連れていくと決めた場合、情報集めは余裕を持って1~2ヵ月前から始めましょう。

焦って準備すると抜け漏れが発生します。

情報集めは余裕を持って動きましょう。

動物検疫所に連れていく前に病院に行く

ペットを海外赴任先に連れていく際には、動物検疫所に行くことになります。

ただし時間があればその前に動物病院にも行くと安心でしょう。

1度かかりつけの動物病院に行き、海外赴任への同行に問題が無いか相談してくださいね。

犬や猫に関する必要書類の確認は念入りに行う

犬や猫などのペットを海外赴任先に連れていく場合は、必要書類の確認も重要です。

必要書類に不備がある場合は、ペットの犬や猫と一緒に出入国することが厳しくなる懸念もあります。

不明点がある場合は、関係機関に必ず問い合わせをするようにして下さい。

海外赴任先にペットを連れていく準備が大事

海外赴任先にペットを連れていく時は準備が大事

犬や猫などのペットを海外赴任先に連れていく場合は、様々な手続きがあるので大変ですよね。

しかし、これから海外で一緒に暮らせることを考えると苦ではないと思います。

海外赴任先に連れていくための準備や検査が大変に感じるかもしれませんが、前もって準備を進めることで、スムーズな手続きを目指せるでしょう。

なお、分からないことがあれば動物検疫所に問い合わせをすることで、詳しい情報をもらうことが可能です。

頑張ってくださいね。

-海外赴任前の準備

error: Content is protected !!

Copyright© 駐在妻お助けネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.